冷えとりライフをアーユルヴェーダで!ヴァータ、ピッタ、カファ

アーユルヴェーダ
この記事は約7分で読めます。
スポンサーリンク

 

冷えとりライフをアーユルヴェーダで!基礎編の続きです。

アーユルヴェーダでは、心に働きかける3つの属性のエネルギーに対して、身体には「ヴァータ」「ピッタ」「カファ」の3つの性質のエネルギーが働きかけているとされています。

これらのエネルギーは「ドーシャ」と呼ばれ、「不純なもの」「病素」という意味があり、これら3つの「ドーシャ」を総称して「トリドーシャ」と呼んでいます。

アーユルヴェーダで自分にあった冷えとりライフをするためにはこれら3つの「ドーシャ」が非常に重要になってきます。

ココでは、「ヴァータ」「ピッタ」「カファ」について学習していきます。

 

 

アーユルヴェーダ・トリドーシャについて

アーユルヴェーダでは、心に働きかける3つの属性のエネルギーのことを

「サットヴァ」「ラジャス」「タマス」と言い、称して「トリグナ」と読んでいるんですが、

身体に備わっている3つの性質のエネルギー「ヴァータ」「ピッタ」「カファ」とされ、

コレを称して「トリドーシャ」と呼んでいるんです。

私達人間の身体のあらゆる現象の基礎にはこのドーシャの働きによるものとされ、日々変化する心や身体の状態や季節の変わりによっておこる体調の変化、さらには、個々人によって差が出ることなどはすべて、これら「トリドーシャ」によるものと考えられています。

では具体的にどのような状態のことを「トリドーシャ」というのか、

「アーユルヴェーダライフ」の参考文献を引用し学習していきましょう。

 

アーユルヴェーダ トリドーシャ

*写真はイメージです

3つのドーシャはそれぞれ次のように構成されています

風のエネルギー「ヴァータ」は空と風の元素から構成され、軽・冷・乾・粗・動の性質を持ち、肉体の運動、感覚の刺激や神経の伝達、呼吸といった働きを司ります。

火のエネルギー「ピッタ」は火と水の元素から構成され、熱・鋭・流・変・液の性質を持ち、体内における化学変化、食物の消化・吸収、代謝といった働きを司ります。

水のエネルギー「カファ」は水と地の元素から構成され、重・冷・遅・油・緩の性質を持ち、身体に結合エネルギーとして、肉体の構造や体力の維持、同化作用といった働きを司ります。

アーユルヴェーダではこれらのドーシャが身体においてバランスがとれている状態を健康としますが、一方でこのドーシャのバランスが最も良い状態というのは個々人によって異なります。
ドーシャのバランスは生まれもったものであり、この個々人における最適な状態(資質)をプラクリティ(その人自身にとっての本質の意味)と呼んでいます。

この基本的なドーシャ・バランスを意味するプラクリティは、先天的なバース・プラクリティと後天的なボディ・プラクリティの二種類があり、バース・プラクリティは生まれもった資質で変化はしませんが、ボディ・プラクリティは生活における食生活や習慣などの後天的な要因によって変化していきます。

アーユルヴェーダにおいては、現状の体質がボディ・プラクリティによるものとされているのであれば、食事や生活習慣によって他のボディ・プラクリティや本来のバース・プラクリティに「変化」することも可能であると考えられています。』

 

アーユルヴェーダ トリドーシャ

*写真はイメージです

ドーシャは身体全体に働きかけるエネルギーですが、特にそれぞれのドーシャが主として身体の中で存在する位置があります。

ドーシャがアンバランスになることは病気が引き起こされる要因になりますが、ドーシャの集まっている位置を知ることにより、例えば病気の発生している場所から、どのドーシャが大きく乱れているのかを知ることが出来るようになります。

身体において各ドーシャが主に存在する位置は次の通りです

【カファ・Kapha】
・主な位置 / 胸部。
・詳細 / 咽喉、咽頭、鼻、舌、気管支、関節、脂肪。

【ピッタ・Pitta】
・主な位置 / 臍付近。
・詳細 / 胃腸、小腸、血液、リンパ、肝臓、心臓。

【ヴァータ・Vata】
・主な位置 / 下腹部。
・詳細 / 腸、骨、皮膚、大腿部、循環器系、神経系。

参考文献・アーユルヴェーダライフ、引用掲載

 

風のエネルギー「ヴァータ体質」

 

アーユルヴェーダ ヴァータ

*写真はイメージです

今まで触れてきた「トリドーシャ」の「ヴァータ」「ピッタ」「カファ」、コレをもとに、

ココからは自分がどれに属するのかを知るための簡単なテェックをしていく必要があります。

以下に述べる項目の内いくつあてはまるかでヴァータ体質かどうかが分かってきます。

スポンサーリンク

テェックしてみて下さい。

 

ヴァータ体質チェック

1 体型は痩せている。あるいはもともと痩せていた方である。
2 食べても太りにくい方である。
3 肩幅が細く、お尻も小さい。華奢な方である
4 手足の血管や関節がはっきりしている方である。
5 顎が小さく、鷲鼻な方である。顔の左右が対称的ではない。
6 歯並びがあまりよくない。大きさも不揃いな方である。
7 早口で、よくしゃべる方である。
8 好奇心が強く色々なことに関心を持つが長続きしない。
9 動作は素早いが、落ち着きがない方だ。
10 記憶力は良いが、忘れるのも早い方だ。

 

ドーシャとしてのヴァータは、風のエネルギーとされ、「空」と「風」の元素から構成され、 軽・冷・乾・粗・動といった性質を持ちます。 身体においては運動エネルギーとして、身体活動や感覚を司り、心臓の拍動、細胞質や細胞膜内の全ての動き、 呼吸、筋肉や組織の働きを制御しています。
ヴァータ体質の人は、これらのヴァータの特徴や性質が心身に強く現れます。
ヴァータ体質の人の性格には、好奇心が強く機敏で活発、新しいことや変化にとんだ創造的な性格である反面、 一方で気まぐれで飽きっぽいというような側面がみられます。
身体的には、痩せ型で肩幅が狭く、腰も細い方が多いようです。 またヴァータの不規則・変動の性質から、極端に背が高い・低い等、体型がアンバランスになるケースもあります。』

 

火のエネルギー「ピッタ体質」

 

アーユルヴェーダ ピッタ

*写真はイメージです

以下に述べる項目の内いくつあてはまるかでピッタ体質かどうかが分かってきます。

テェックしてみて下さい。

 

ピッタ体質チェック

1 体型は中肉中背で平均的な方だ。
2 よく食べる方だ。体重の増減もある。
3 暑さが苦手で、汗っかきな方だ。
4 関節はやわらかく、柔軟な方だ。
5 顔はひし形で、肌の色つやは良い方だ。鼻筋は高い。
6 顔や肌の色は赤みや黄色みがあり、日焼けしやすい方だ。
7 話し方は明瞭ではっきりしている方だ。
8 自己主張ははっきりしている。人にもきびしい方だ。
9 気が短く、イライラして怒りっぽい。
10 計画的だが、完璧主義者的なところがある。

 

ドーシャとしてのピッタは、火のエネルギーとされ、「火」と「水」の元素から構成され、 熱・鋭・流・変・液といった性質を持ちます。 身体においては変換エネルギーとして、代謝、消化・吸収、熱を司り、免疫力、ホルモン、神経系統や消化吸収における体内システムの化学変化もピッタの属性となります。
ピッタ体質の特徴は、ドーシャの影響から、熱性と鋭性、そして知性が強く現れます。
ピッタ体質の人の性格は、情熱的でチャレンジ精神が強く、好奇心も旺盛です。一方で、完璧主義者になりがちで、怒りっぽく、見栄っ張りなところもあります
身体的には、中肉中背で標準的な体型をしており、肌の色つやも良い方が多いようです。 ピッタの性質から、体温が高く、寒さには強いが暑さには弱く、汗をかきやすい体質です。』

 

水のエネルギー「カファ体質」

 

アーユルヴェーダ カファ

*写真はイメージです

以下に述べる項目の内いくつあてはまるかでカファ体質かどうかが分かってきます。

テェックしてみて下さい。

 

カファ体質チェック

1 体格は大柄でがっちりしている方だ。
2 太りやすい方だ。体重も比較的重い。
3 肩幅は広く、お尻も大きい方だ。
4 色白で、肌はしっとりしているがなめらかな方だ。
5 丸顔で顎もしっかりしている。
6 肥満しやすく、手足の血管も見えにくい。
7 覚えるのは遅いが、いったん覚えたことはなかなか忘れない。
8 物静かで、話し方もゆっくりな方だ。
9 保守的で執念深い。物事に執着することが多い方だ。
10 忍耐力があり、我慢強い。

 

ドーシャとしてのカファは、水のエネルギーとされ、「水」と「地」の元素から構成され、 重・冷・遅・油・緩といった性質を持ちます。 身体においては結合エネルギーとして、肉体の構造や体力の維持、同化作用といった働きを司っています。
カファは身体における骨格・構造と同化システムにおいて必要な潤滑油の働きを行うのと同時に、体細胞の繋がり維持する働きも行っています。
カファ体質の人は、物静かで落ち着いていて、忍耐強い性格です。慈愛に満ちて献身的でもあります。 一方で、おおざっぱ・鈍感、物事への執着心が強いといった面もあります。
身体的には、一般に体格がよく、体力・持久力にも優れており、重労働にも耐えられます。太りやすい体質でもあり、運動不足から肥満になりがちです。 』

参考文献・アーユルヴェーダライフ、引用掲載

アーユルヴェーダについてさらに詳しく知りたい方はこちら

 

では次から体質にあった冷えとりライフをアーユルヴェーダ的視点から見ていくことにします。

 

 

コメント