確定申告!青色申告、白色申告、電子申告のメリットとデメリット

確定申告
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

 

確定申告 還付金

 

会社員として会社で年末調整をしていない人は、確定申告をする必要があります。

会社員でも、副業収入のある人、

また、年収が2,000万以上の人は個人で申告しなければいけません。

申告には、青色申告と、白色申告があります。

又今ではネットを利用した電子申告もできます。

このそれぞれの申告の仕方にはメリット・デメリットが有るようです。

ここではどんなメリット・デメリットがあるのか探ってみます。

 

 

確定申告の青色申告のメリット・デメリットは?

 

確定申告による青色申告には、メリットとデメリットが存在します。

青色申告のメリットは、

青色申告控除によって10万円、又は

65万円の控除を受けることができるということです。

 

青色申告控除によって控除された額は、

所得から引くことができ、結果的に住民税などの税金を減らすことができるようになります。

不動産所得や事業所得のある人や、確定申告期間内に書類を提出することができる人などは、

青色申告することにより、青色申告特別控除を受けることができるので、

積極的に青色申告を行うのをお薦めします。

それに、青色申告では、今年出た損失を三年間繰り越すことができ

利益と相殺してくれるというメリットもあるんですよ。

 

さらに、白色申告の場合には配偶者に払った給料しか経費として認められないのに対して、

青色申告では家族に払った給料も経費とすることができるというメリットもあるのです。

このように、青色申告では、税制上の特典を利用できるというメリットがあるんですね。

 

ただ、青色申告は、帳簿をきちんと作成しなくてはいけません。

帳簿を複式簿記で記帳をしなくてはいけないため、

手間がかかってしまうことがデメリットとなってしまいます。

 

しかし、商売のためにはきちんとした帳簿をつけるのは当然のこと必要ですし

きちんと帳簿をつけることで最大65万円の控除が受けれるということは大きいですよね。

事業の発展のためにも、青色申告をしてデメリットを上回るメリットを得る・・・

と良いのではないでしょうか。

 

確定申告、白色申告のメリット・デメリットは?

 

確定申告の方法の一つ、白色申告は当然ながら、メリットとデメリットが存在します。

まず、メリットからあげてみると、

白色申告のメリットの大きなものとしては、帳簿をつけなくてよいということがあります。

売上規模が小さく、経理処理に時間をかけたくない場合にはとても有効な申告方法だといえます。

 

最近では、主婦の方が働きに出かけずに、在宅で副業をされている方が増えています。

このような主婦の方にとっては、毎日の現金の動きや決算を行うことはとても大変なので、

帳簿を必要としない白色申告が役に立つのではないかと思われるんです。

白色申告は、税務署に提出する書類が少ないので、申告の手間も少なく済む事になります。

コレもメリットの一つと言えると思います。

 

では、白色申告のデメリットは、

スポンサーリンク

税務署自らが納税者の所得を推計して、課税されるケースがあるということです。

これは、白色申告のメリットである、帳簿をつけなくてよいということから、

帳簿などが不十分になるために起こることです。

最低必要書類がなければ、税務調査で高額な課税をされても文句をいうことができません。

 

また、白色申告の場合、最大65万円を所得から控除できないというデメリットがあります。

さらに、FXや、投資などで損失がでた場合、翌年以降の儲けから損失を差し引くことができません。これも白色申告のデメリットです。

 

白色申告は申告書類が簡単な分、

青色申告に比べて税金面で得をすることが少ないと考えることができます。

まさに帳票関係には無頓着で、書類なんか書きたくない!

そんな方にはうってつけの申告といえるんでしょうが、

白色申告のメリットやデメリットをよく知った上で、

確定申告の種類を検討すると良いのではないでしょうか。

 

確定申告!電子申告のメリット・デメリットは?

 

パソコンの普及により各家庭や殆どの会社では導入されていると思いますが、

インターネットを利用して確定申告を行うことを、電子申告と言います。

最近では、電子申告で納税を行う人が増えてきたようです。

 

このインターネットを利用した電子申告にもメリットやデメリットが存在します。

ぜひ覚えておいて損はないことですのでここでも取り上げてみたいと思います。

 

電子申告は、電子申告証明書を取得し、開始届を提出して、

さらに、利用者識別番号を取得するなどの準備の手続きが必要となりますが、

手続きをすることで得られるメリットがあるのでそれに触れてみます。。

 

まず、電子申告のメリットは、5千円の税額控除があるということです。

それに、個人の確定申告ならば24時間対応しているので、申告期限間際でもあわてて税務署に行かなくてもいいという点です。

期限間際になると、慌ててこられる方が多く、待ち時間もかなり長くなってしまいますよね。それが待たずに済めば、忙しい人にとっては、嬉しいメリットでしょう。何より待つストレスがいりませんから・・・

 

また、インターネットでの操作なので郵送料は必要ないし、

個人の確定申告の場合は還付金の支払いが早くなるというメリットもあるんですよ。

他にも、納税証明書の交付請求を行うと手数料が安くなったり、

金融機関によっては借入金利が優遇されるなどのメリットもあると言われています。

こんなにメリットが有るならぜひ利用した方が得!と言うもんです。

 

でも、デメリットもあるんでしょう???

気になりますよね・・・

電子申告のメリットに対して、デメリットは電子申告で納税する場合には、

利用料のかかるインターネットバンキングを利用しなくてはいけないということです。

あと操作の面でパソコン素人の方にとっては手間でしょうね。

その上、ICカードを用意したり、余分な費用もかかるようです。

これらのメリットやデメリットを考えた上で、

インターネットを利用して電子申告をするか検討してみたらどうでしょうか。

 

まとめ

 

確定申告のうち青色申告と白色申告、また、さらに電子申告を行うことのメリットとデメリットについて考えてきましたが参考になったでしょうか・・・

それぞれよく考えられた上で、自分にとって得な方を選ばれたら良いと思います。

 

コメント