七五三の7歳の祝に日本髪が可愛い着物を着て臨んだ帯解きの義

七五三
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

七五三 7歳

七五三は、7歳と3歳が女の子の祝とされています。

7歳のお祝いは、

帯解きの祝い」と言って着物の付け紐を取り、帯を結んで着るようになります。

7歳の女の子の七五三は振り袖に本格的な帯を結ぶことになります。

女の子も7歳になるとお姉ちゃんになり、女らしさもでてきます。3歳の小さな時の七五三も可愛いけど、7歳になるとチョット大人びた衣装も似合うようになってきます。

どんな衣装を着させて、どんな髪型にして・・・?我が娘の晴れ姿のイメージを膨らませるだけでも楽しくなってきますね。

では、可愛い娘さんをさらに可愛くしていく参考になるお手伝いさせていただきます。

 

 

七五三の7歳の祝に日本髪を

七五三 7歳

七五三で日本髪を結うなら7歳がおすすめです。

7歳にもなると髪にもコシが出て、
日本髪を結うのに十分な量も揃ってくる年頃だからです。

七五三は、子供の成長、健康を祝う日本の文化です。そして、日本髪はその名の通り、

日本にしかないヘアスタイルで日本女性に一番似合う髪型です。

できることなら七五三にこそ、7歳の時にこそ日本髪で決めてほしいものです!

最近では、先撮りをするスタジオ内でも日本髪を結ってくれる写真館があります。

「全て自毛で結って下さい!」「お姫様風にして下さい!」など要望も言えます。
スタジオをお探しの際には、一つの選ぶポイントにされたら如何でしょうか。

ところでネットに「日本髪を結う時のポイント」なるものが載っていましたので、
この場を借りて引用紹介しておきます。

まずは、日本髪を結う時の髪の毛の長さ

「胸のあたりまでの長さが理想ですが、肩甲骨あたりでも大丈夫。」
これくらいの長さでも意外と結えてしまうようです。

次に前髪です。

「髪の毛が長ければおでこを出すアップスタイル。短ければ前髪を下ろすスタイルに」

髪のお手入れは、普段通りで大丈夫!

髪飾りは、髪型によってつける飾りが変わってきます。
そのためどんな髪型で、どんな飾りにするかは写真館で打ち合わせをされて下さい。

7歳は、七五三最後の年齢です。

この子が次に七五三参りをするときは、自分の娘の時になるでしょう。

どうぞ悔いを残すことの無いようにお子さんと一緒に思いで作って下さい!

 

七五三での7歳に合う着物の選び方

七五三での7歳のお祝いは「帯解きの祝い」

七五三で7歳の女の子は振り袖に本格的な帯を結ぶことになります。

7歳の女の子が着る着物姿可愛いでしょうね。

帯の下に巻いて垂らす志古貴(しごき)

七五三 7歳

赤い色のしごきをよく目にしますが、着物や帯に合わせていろんなカラーを選べます。

後ろ姿が引き立つ無くてはならない飾りですよね。

七五三 7歳

ところで、最近では定番の着物姿ではなく、袴姿に憧れているお母さんもいらっしゃるようです。そうです、女学生の卒業式でよく見かけるあの光景です

 

七五三 7歳

スポンサーリンク

この写真よく見ると履物が“ブーツ”なんです。
袴をレンタルすると草履もセットになってくるんですが、ブーツも今風で可愛いですよね。

特に7歳の女の子が履くんですよ。よく似合うに決まっています。
そしてブーツなら後々使えますからいいですよね。

そうそう、こんな漫画がありましたね、TVでも放送されました。

「はいからさんが通る」・・・でしたっけ・・・。

髪型は、ご自分でやられるのなら、ポニーテールや上3分の1程度を後ろで結ぶいわゆるはいからさん結び?でも十分いけます。

そして、大正ロマン・リボンの髪飾りで決めて、まさに、タイムスリップ!

とにかく、女の子の袴は、目立ちます。いいですよ!!ご検討されてみたら如何でしょうか?

 

七五三の7歳の帯解きの義は満年齢でするの?

七五三 7歳

七五三での7歳の子の帯解きの義について少し掘り下げてみます。

帯解きの儀は、7歳の女の子どもが着物の付け紐をとり,はじめて帯を結ぶ儀式のことを言います。言い方はいろいろあるんですが、一般的に紐解き・帯解きなどといいます。

幼児から子どもへの通過儀礼として多く行われ,帯を結ぶことで新しい成長段階に達したことを表し,この日からは一人で帯を結べるようになり、一人前の人間として社会に認めらるけじめの儀式です。

七五三での7歳の祝いは、帯解きの義とも言われるほど密接な関係にある儀式です。

七五三 7歳

ところで、この帯解きの義、つまり七五三は、満年齢でするんでしょうか?

それとも数え年でするもんなんでしょうか?

迷われてる親御さんも多いはずです。ココに、早生まれ、遅生まれが関係してきます。

例えばですよ、娘さんが小学校1年生で1月生まれの子は、満年齢にすると来年になり、小学校2年生での七五三になります。小学校2年生での七五三ってあんまり聞かないと心配されているお母さんもいらっしゃいます。

コレってどうなんでしょう?数え年でやってしまうんならもう時間がない・・・

焦ってしまいますよね。・・・そんな時のために、慌てずに済むために調べてみました。

基本は、数え年の行事なので、太陽暦でなく旧暦の考え方をするべきですが、
現在は数えでも満年齢でもどちらでも良いことになっているようです。

家庭によってはお子さんが多い場合、一人は満で、もう一人は数えで、
と言った風に兄弟揃ってお祝いしていることもあります。

更に極端に言えば、夏場に七五三のお参りをされるご家庭もあったそうです。

大晦日の午後や、お正月の初詣の際にお祝いされている家族もいたそうです。

それぞれのご家庭の都合があります。お参りする時期については、
ご自分たちの都合に合わせればいいことで、気にすることはないですよ。

でも、例えで述べた小学校2年生の例は、悪くはないんでしょうが、1年生までで済まされる方が良いと思われます。だって、小学2年の娘さんを、1年生や下手すると幼稚園児と一緒に並ばせるのは可哀想ですよ。

早生まれ、遅生まれ、関係なく成人式のように学年別で望む!

こんな考え方もアリ!・・・と思いますよ。同級生の友達も多くて・・・!

 

まとめ

 

7歳にもなると髪にもコシが出て、日本髪を結うのに十分な量も揃ってきます。
七五三で日本髪を結うなら7歳がおすすめです。

7歳できる服装は、着物の振り袖もいいですが、袴も小さな子に可愛く似合って人気です。

7歳の七五三は、帯解きの義の祝いとも言われ、一人前の人間として社会に認めらるけじめの儀式と言われています。そに時期や満年齢、数え年などあまり気にする必要は現在ではないようです。
基本はあるでしょうが。

コメント