お彼岸はいつからいつまで?お墓参りの意味とお供え物は何故おはぎ?

お彼岸
この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク

 

お彼岸とは、いつからいつまでなの?そして、具体的に何をする日なの?

お彼岸…よく聞く言葉ですよね~。

「彼岸花」や「暑さ寒さも彼岸まで」というように「彼岸」という言葉を耳にしたことはあるけど、上記の問いには明確に答えられる人は少ないと思います。

いまさら人に聞くなんて恥ずかしくてできない…って思いますよね。

そこで、ここでは、彼岸とは何で、いつからなのか?

彼岸に付き物のお墓参りの理由や、春と秋の彼岸の違い、

そして、お供えする食べ物やお花などを分かり易く掘り下げてみます。

日本独自の仏教行事を知る参考にして下さいね。

お彼岸っていつからいつまで、教えて!

 

お彼岸 (1)

 

お彼岸とは簡単に言うと、昼と夜の長さが同じになる日とその前後3日間を含んだ7日という期間の事を「お彼岸」いいます。 1日だけのことをを指すんじゃ無いんですね。

チョットだけ詳しく言うと、彼岸には春彼岸と秋彼岸があるんです。

それぞれ、春分の日(3月21日頃)、秋分の日(9月23日頃)を中日とし、

その前後の3日を合わせた7日間を彼岸といいます。

ですから春分の日、秋分の日のことを「お中日(おちゅうにち)と言うんですね。

 

【 春彼岸 】春分の日が3月21日の場合

3月18日:彼岸入り
3月21日:彼岸の中日(=春分の日・祝日)
3月24日:彼岸明け

【 秋彼岸 】秋分の日が9月23日の場合

9月20日:彼岸入り
9月23日:彼岸の中日(=秋分の日・祝日)
9月26日:彼岸明け

 

彼岸の中日である「春分の日」「秋分の日」は国民の祝日です。

祝日法によると、春分の日は『自然をたたえ、生物をいつくしむ日

秋分の日は『祖先をうやまい、なくなった人々をしのぶ日となっています。

 

元来お彼岸と言われる言葉は仏教で用いられる言葉なんですけど お彼岸を大切に考える習わしは仏教発祥の地インドや中国にはなく日本独自の風習だと言われていますよ。

この7日間は、ご先祖さまや自然に感謝をささげる仏道精進の期間で、お彼岸にはお寺の法要やお墓参りに行き、亡き人へ思いをはせ、感謝のまことをささげる日本独自の仏教行事ということです。

 

彼岸という言葉をよく耳にするその一つに

暑さ寒さも彼岸までという言葉があります。聞いたことあるでしょう。これは、

春分と秋分は、どちらも二十四節気(※)の一つで、暦の上では春と秋の折り目になるんです。

春分と秋分は、昼と夜の長さがほぼ同じなのですが、 春分後は昼が長くなりますから寒さが和らぎ秋分以降は秋の夜長に向かうことから涼しく変わっていきます。

こうして彼岸を迎えれば厳しい残暑や寒さにめどがつくため、「暑さ寒さも彼岸まで」という様になったというわけです。

二十四節気

二十四節気は太陽の動きをもとにし、太陽が移動する天球上の道を黄道といい、黄道を24等分したもの。
夏至、冬至、春分、秋分、立春、立夏、立秋、立冬…などに分けられている。

 

お彼岸にはお墓参りが付き物、その理由は?

 

01-44

 

春分と秋分は太陽が真東からあがって真西に沈み、昼と夜の長さが同じくらいになる日ですが、お彼岸にお墓参りに出掛けるしきたりは、この太陽に関わりがあるんです。

 

仏教では、生死の海を渡って到達する悟りの世界を「彼岸といいます。

つまり、亡くなった人がいる極楽の世界のことを「彼岸」と言って、その世界は西側に位置するとされているんです。

 

その反対側を此岸(しがん)と言って、

迷いや煩悩に満ちた私たちがいる世界で、東側に位置するとされているんですね。

そこで、このお彼岸の時期は、太陽が真東から昇って真西に沈むことから、

彼岸と此岸が最も近くなる、最も通じやすくなると考えられ、このため、ご先祖様の感謝や、お墓参りなどの先祖供養が大切な行事となっているんです。

スポンサーリンク

 

高齢の方やしきたりを大事にする方、大事な家族をなくされた方にとっては、年に2回のお彼岸は、お盆や命日のお墓参りと同じくらい重要な日なんです。

またお寺であればお彼岸の法要も行われ、檀家は任意ですが法要に参加します。お寺のご住職に対して、先祖や家族を供養してくださる感謝を表す機会でもあるんですよね。

 

お彼岸には、お墓参りをし、お花や線香を供え、真心の合掌を捧げる行いが大切ですが、よくお参りは一度行ったら、後はほったらかしにしてしまいますよね。

お墓参りは彼岸参りに限らず何度でも繰り返し行なうことが肝心なんですね。

お互い肝に銘じておきたいものです・・・

陽宅&陰宅

陽宅&陰宅という話を聞いたことがあります。

陽宅とは、今我々が住んでいるお家のことです。陰宅はお墓のことを言います。どちらも大事な住処です。

お墓の前ではどんな人間も嘘をつかない、嘘をつけない、真実の心で合掌するといいます。

う~ん!なるほど!!ご先祖様が住まれている陰宅、大事にしていく心育みたいものです。

 

お彼岸 (5)

 

 

 

お彼岸のお供えはなぜおはぎ・ぼたもちなの?

 

お彼岸 (4)

 

おはぎとは、コメともち米を混ぜて炊き、米粒が残る程度についたものを丸め、小豆あんをまぶしたものですが、日本において小豆は縄文時代の古墳より発見されるほど古来から、暮らしに必要な食べ物だったようです。

 

古来「赤色」っていうのは「魔除け」の力があると言われていて、小豆は祝の席や儀式の時にはお赤飯や砂糖をまぜてあんこにして捧げられてきたそうです。

その慣例によって、お彼岸ではお餅には「五穀豊穣」を、小豆には「魔除け」の気持ちを込めて、ぼたもちやおはぎにして、ご先祖さまへの感謝と家族の健康を願って、墓前やお仏壇にお供えし始めるようになったと言われています。

 

春彼岸にお供えするのは「ぼたもち」、秋は「おはぎ」。

どちらも同じものですが、それぞれ季節の花「牡丹」「萩」にちなむものです。

時節によってその呼び方が変わるのは、四季の移り変わりに敏感な日本人の豊かな心の表れといえるでしょう。

 

ぼたもち(牡丹餅)とは、うるち米と餅米を混ぜて炊き、米粒が残る程度について俵状にまるめ、あんをまぶした物。甘味を口にする機会の少ない時代にはごちそうであり、来客のもてなしや田植えの後の寄り合い、子供のおやつ、また法要の際などに供されました。同じ食べ物を、材料の調理の仕方で呼名が、ぼたもち(牡丹餅)、はぎのもち(萩の餅)、またはおはぎ(御萩)とも呼び、ぼたもちとおはぎとの区別はしだいに薄れてきています。

*春─牡丹餅(つぶあん)
春の彼岸に、神仏や先祖への供物とされた小豆あんの様子 を、牡丹の花に見立てたことからの呼名。

*秋─御萩(こしあん)
牡丹餅と同じく、小豆あんの様子を秋の彼岸の時期に咲く 萩の花に見立てたことからの呼名。

 

「おはぎ」と「ぼたもち」に大きな違いがあるわけではありませんが、地域やお店、風習によって違いがあるようです。

こし餡を使ったものを「ぼたもち」と言い、粒餡のあんこやきな粉をまぶしたものを「おはぎ」と呼ぶところもあるようです。

彼岸花

お彼岸 (10)

 

まるで彼岸に合わせたかのように、秋分のころに咲く彼岸花。曼珠沙華(まんじゅしゃげ)という別名は、サンスクリット語で「天界に咲く花」を意味します。

1日で10㎝以上も伸び、球根には毒を含んでいますが、かつては水に晒して毒を抜き、いざという時の非常食にもなったそうです。

また、あぜ道に植えると、毒によりミミズが生息せず、ミミズを餌とするモグラも近寄らないとか。稲作の伝来ととも日本の各地に広がったと云います。

 

まとめ

 

お彼岸はご先祖様と近くなれる日。感謝の気持ちが通じ易くなる時季ということです。

ご先祖様のお墓を参って、常日頃の感謝を伝えるように気持をこめて合掌しましょう!

お彼岸には、家族みんなでお墓参りに行って、陰宅を大切に守っていきたいものですね。

 

コメント