花粉の害は花粉症だけにあらず!お肌への害と紫外線から守る対策とは

花粉症
evitaochel / Pixabay
スポンサーリンク

 

毎年毎年、この時節ともなれば憂慮するに見舞われる人もかなりいるだろうと推測されます? そうです、花粉の時季が巡ってきました。

花粉と言ったら花粉症ですよね。

しんどい鼻水、目のかゆみ。はては頭痛や発熱すらも生じさせてしまう方もいらっしゃいます。 花粉症は現代では、私どものほとんどに共通した悩みであると言えます。

しかしながら、花粉の害というものは、花粉症だけじゃありません。 お肌にだって、悪影響を及ぼしてしまいます。  そこでここでは紫外線と花粉の害について検証していきます。

 

スポンサーリンク

花粉の害はてきめんお肌の刺激になる

 

頭に入れておいてほしいことは花粉はお肌にとって、刺激になると言えます。

とりわけ早春というのは、強力な一陣の風とは言え吹き易いという特性があります。

素肌にビシバシ飛ばされてきてしまう花粉というのは、自分自身の素肌を害してしまうことになります。 鋭敏素肌の人は当然の事、普通肌の人であろうとも、花粉に対しては気をつける必要があります。

そうでなくても、4月は紫外線がパワーアップする季節です。

紫外線が割りに弱々しくなる冬の期間、のびやかにしてしまったお肌は、パッタリ強烈に変わった刺激に愕然としているに違いありません。

お肌からすれば、「紫外線が強い」というような事態に耐え忍んでいるのが関の山で精いっぱいと思われます。

それだけでなく、突風と並行して素肌にとってはぶつかってきてしまう花粉とのダブルパンチという部分は、如何せん刺激が強すぎると言えます。

肝心なのは  お肌を防御することを望むなら、ちゃんと対策を取るようにしなければいけないと言えます。

 

花粉の害と紫外線からお肌を守る行動を!?

 

花粉症の人も、幸いにして花粉症ではない人も、それから、敏感肌の人も、そうではない人も、可憐な花が咲きほこる春のシーズンは、心が躍るシーズンと思われますが、私どもはそういったウキウキに酔いしれてばっかりはいられないと言えます。

花が美しく咲けるのは、ちゃんと種を守って、厳しい冬に負けることなくくることができたからこそなんです。 私たちも、それと同じ様な花々の周到さを見習わなければいけないと言えます。 努力なくして美は手に入れることができないということなのです!

スポンサーリンク

ちなみに、3月は9月と同じくらい、紫外線照射量があるのをご存知でしたか?

4月になるまで大丈夫~、と紫外線ケアをおこたっていた人は気をつける必要があります!

自分自身のお肌は、自分のことながらいつの間にやら、刺激に敏感な様に変化していると推測されます。 怖いのは、遺憾ながら一度敏感肌になってしまうと、元に戻すという事は手間が掛かるということです。

化粧品も今まで使っていた大好きな物が使用できなくなりかねません。 メイクアップ化粧品はもちろん、スキンケア化粧品であろうとも同様です。 何を使用したところでお肌がヒリヒリされたり、赤みが出てしまうことにも成り兼ねません。

不本意ながら、最低限度のアフターケア程度しかすることができない毎日に見舞われてしまいます。 話題のアンチエイジング化粧品なんて、とても使えません。

 

お肌を刺激から守るおススメの方法は

 

敏感肌となって、刺激に対して弱い状態になると、シワやシミなど、年齢肌の症状が生じやすくなってしまいます。 そうなってからでは手遅れだから、 これから、丹精をこめてスキンケアに取り組みたいものです!

ということで 、ここで、お肌を刺激から守るおススメの方法について少し述べておきましょう。

お肌をいたわるために、春先は基礎から、敏感肌用の化粧品を利用するというのも一つの選択肢です。 なかでもオススメは保湿クリーム「ヴェレタ スキンフード」です。 こちらは世界中で愛されている保湿クリームで、日本でも販売されています。

このクリームの特徴は、天然ハーブの成分をギュッと閉じ込めているという点です。 カミツレ、ローズマリー、パンジーなどの天然成分からつくられたクリームです。 ハーブの力で、敏感になってしまったお肌にもスッと浸透します。

軟膏みたいなテクスチャーで、お肌を癒す効果は高いです。 鼻をかみすぎていたいときなどに塗ると、しっとりして、お肌を守ってくれますよ!

 

まとめ

 

お肌を花粉や紫外線の刺激から守るために一つの商品を挙げて紹介しましたがこれに限ったことではありません。

いまあなたがお使いになっている保湿クリームがあればそれが合っているということかもせれません。あくまでも参考までに・・・

 

コメント