引越しで出る捨てる品と不要品買い取り店の選択とペットの扱い方

引っ越し
kandykandoo / Pixabay
スポンサーリンク

 

引越しを行なうと、ないと困るもの、不必要なものが間違いなく出て来ます。

必要なものは新居に運び、これから先も利用するから問題ないのですが、要らないものはどういった方法で処分したら良いのでしょうか。

ちょっとした物であればゴミの日に出すことができますけど、問題はゴミの日に出すことができない類の大型のゴミですよね。

そうした理由からこちらのページではこういった類の問題点に焦点を充て、どんなふうに手段を講じるというのがベターなのか踏み込んでみることにしました。

重ねて心配の種に、引越しの状況での大事なペットの扱いについて、といったことがあると思われます。

ペットも家族の一員ですもんね。飼い主さんの役に立つよう取りまとめてみることにしましたよ。参照ください。

 

 

スポンサーリンク

引越しにおいて捨てる方が良い品、買い替えた方が良い品

 

 

引越しは常日頃片付けることが出来なかった物を、一斉に片付ける絶好のチャンスになります。

そのタイミングで、捨てた方が望ましいものと買い替えた方が望ましい物に頭を悩ませることになると思います。

それらの意思決定は引っ越す家にも左右されて考え方が異なってくるだろうと思います。

 

新築した新居に引っ越すケースでは、資金や予算の関係もあると思うのですが、古めかしい家電等は躊躇することなく買い替えたほうが先々のためにはなると思います。

家電はひっくるめて買い換えるということで、割引をして貰えるケースもあるみたいですので、このような機会を逃さず買い換えを検討してもよいかも知れません。だからと言って見栄を張ることは必要ないです。基本的に予算の範囲内で・・・

一般的に見て引越しの時に廃棄した方が良いと思えるものは、着なくなった衣類や読まない本、ほとんど使わないままの食器類などが挙げられます。不必要なものを廃棄することによって、引越しの荷物を減少させることができ、引越しの梱包や荷解きが容易になると思いますよ。

 

先ほどもお伝えしましたが、引越しでは普段片付けることができなかったものを、一気に片付ける絶好のチャンスになるので、梱包の時にチョイスして破棄していった方が良いでしょう。

大きなもので言いますと、酷使し慣れした家具類も有ると思われますが、万が一にもカビが繁殖しているようであれば躊躇うことなく廃棄することをオススメします。

 

家電を捨てる際には、家電リサイクル法によって、破棄する値段が割高になってしまうことだって想定されますので、破棄する価格も調べた上で捨てるとよいでしょう。

家電は購入する際に家電業者にリサイクルしてもらう手もありますから自分で手を煩わせる必要すらないものと言えます。

 

不用品は片づける意味においても捨てることを勧めますが、、思い出の詰まった品、アルバムや思い出の書籍、レコードにCD等は捨てないでおいた方が良いでしょう。思い出は、心の財産になりますから。

そういう点も念頭において、買い換えがすることが難しいものに関しては、捨てる前にもう一度よく考えて判断すことが大切です。

どうぞ、後悔しませんように・・・

 

評判の良い不用品買い取り専業店を探し出すには?

 

95C / Pixabay

 

近頃はよく不用品の「お電話一本で無料回収」を謳った要らなくなった品を処理してくれる方がいらっしゃいます。

ときどき街中をマイクで「壊れて動かなくなったパソコン…など引き取ります」と言って回収の車で巡ってきたりしています。

無料で引き取ってくれる使いもにならないものなどは、こんな方たちを利用して引きうけていただいたほうが得策です。

 

しかしながら、不要品の場合でも特に、パソコン等のような個人情報が残っている機器の場合では、悪徳な業者を利用することが原因で個人情報が漏れてしまう結果にもなることも考えられますため気を付ける必要があります。

スポンサーリンク

要らなくなってしまったものをリサイクルショップなどお金に変えてくれるところを利用するのも言うまでもなく、不用品買取業者リサイクルショップは高い評価を得ている所に頼んだ方がよいでしょう。

不用品買取業者との思わぬトラブルの被害に遭ったという人も増えていると噂されていますから、注意することが一番大切です。

 

ではどういった実例があるのだろうかと言いますと、不用品買取業者の中においては、買取のみならず高額な料金を請求したにも関わらず、山中や海辺などに不法投棄をおこなっている業者がいるかと思えば、現物を見て事前見積もりと違う高額な見積もりを出して請求し、トラブルを招くような不用品買取業者も有ると聞いています。

また、見積もりを取りに来て貰ったにもかかわらず、その時に不用品を回収が行われ、不用品の料金だけ請求されるというようなパターンも見受けられるんだそうです。そういうわけで、すべての不用品買取業者を安易に信頼してはいけないと考えられるのではないかと思います。

変わったところでは、プライバシーやセキュリティーの問題で、電話やメールでは見積もりを出すことができないというような不用品買取業者もあるようです。

 

そういったケースでは、間違いなく認可を得ている業者であるのか、出張見積もりに費用が掛からないか、見積もりの傍ら回収して行かないかなどの様々な条件を確認してみましょう。

不用品買取業者が、一社にとどまらず幾つかの業者を持つ地域はそれぞれに見積り依頼し信用できる業者に買取をお願いすると良いと思います。

 

余談ですが不用品有料引取料金テレビが2000円、パソコン1500円、冷蔵庫5000円、洗濯機で2000円平均価格みたいです・・・

 

引越しの際のペットの扱いにおいて配慮しなければいけないことは?

 

Gellinger / Pixabay

 

引越しの際のペットをどうしたらよいかという事はあらかじめ決めておくのが賢明だと思います。

引越しを行うにあたっては、人間だけじゃなく、ペットにとっても予想外のストレスが降りかかるものです。

その中においても引越し当日は、ペットをかまってあげる余裕がないくらいせわしないのが普通ですし、馴染みが無い引越し業者の人が出入りすることによりペットも通常と違った雰囲気ということで落ち着かなくなりますことが想定できます。

 

ビッグサイズの家財道具を動かしたり、途方もなく大きい音に見舞われることが原因で、ペットが唸ってしまうはめになって、窓や玄関側より逃げ出してしまいかねないことも考えられます。貴重なペットということで、ペットの安全をキープする気持ちで、引越し当日は友人、知人に預けたり、ペットホテルにお願いするというような手を打つと良いのではないかと考えます。

 

と同じ程度に、引越し時の移動もペットにストレスの無いように心がけたほうが良いでしょう。

移動に公共の交通機関を利用する時には、結果として周囲の人の行ったり来たりが起こることが要因となって、ペットにもストレスが加算されてしまうものです。

できる限り早急に、引越し先に到着可能な様に気を配ってあげていただきたいと思います。

 

常日頃より車に乗ることに慣れているペットの場合では、マイカーで移動することで、ペットのプレッシャーを抑制できるのではないでしょうか。

最近は、引越し業者がペットも一緒に運搬を行なってくれるかも知れませんが、ペットのプレッシャーとセキュリティを考えに入れると、今一つおすすめできません。

 

引越し時にはペットも気をつかうと考えますから、状況が許す限りペットにプレッシャーを加えないことを心がけて気遣いをしてほしいものではないでしょうか。

 

まとめ

 

家具や家電、パソコンなど、新しい住まいで使用しないいらない物は、現在でも問題なく使用可能なものならリサイクルショップに持っていった方が良いでしょう。

大型ゴミは処分ともなるとお金が発生することが多いことになるのですが、リサイクルショップに持って行ったら、仮に買取金額が少ない場合でも得になります。

時間に余裕がある方はオークションやフリーマーケットに出品してもいいと思いますね。

要らないと感じている商品でも第三者からすれば望むと感じている人が確実にいると思われます。利用することが出来る所は利用する事です。

 

コメント