冬になってからでは遅いインフルエンザ対策!秋の内にはじめよう!

インフルエンザ
Myriams-Fotos / Pixabay
スポンサーリンク

インフルエンザといえば、冬に多く発生するようにも思う人もかなりいるかと思います。

季節が冬に変わってから、インフルエンザが流行しだしてから、きちんとガードし始めればいいや、などと考えているのであれば、流行し始めるとあっという内にインフルエンザに感染してしまいますよ。

転ばぬ先の杖!そこで ここでは、秋のうちから行うインフルエンザ対策に関して提案していきます。

どうぞ参考になさってインフル予防に役立ててください。

 

スポンサーリンク

インフルエンザの予防接種を受けよう

huntlh / Pixabay

 

インフルエンザの予防接種を前もってやって貰っておくことによって、

インフルエンザが発症する心配が低減します。

料金は、加入している健康組合にも左右されて異なっていますが

大人で3500円程度、子供が3000円程度が平均的です。

費用に関する詳しい記事はこちらをお読みください。

<<インフルエンザ予防接種の副作用は?タミフルの効果と費用と医療費控除は?>>

インフルエンザにかかれば、保険が適応していたとしても治療費用は高くなります。

そんな訳で、インフルエンザにならないことを望んで、

あらかじめ予防摂取を行なってもらうことをお薦めします。

 

食事に気を遣う

インフルエンザにかからないことを願うなら、食生活を改善して、免疫力を高めることが重要になります。

緑黄色野菜やみかんグレープフルーツなどといった、ビタミンを多量に含んでいる食べ物を取り入れることを心がけて工夫すると良いでしょう。

秋から冬にかけては、鍋料理をよく食べるご家庭も増えるでしょう。

おすすめは、トマト鍋です。

Anelka / Pixabay

普段そう簡単には食べることが出来ないトマトでも鍋にすれば、トマトの栄養分を十分に体内に取り入れることが可能です。

 

ヨーグルトや乳酸菌飲料、乳酸菌を含むお菓子で乳酸菌を定期的に摂取すれば免疫力が上昇します。

スポンサーリンク

朝食や小腹がすいたときに乳酸菌を意識して摂取するようにするといいでしょう。

 

ニンニクでスタミナをつけるのもアリです!

congerdesign / Pixabay

ニンニクは、臭いがきついから相手を不愉快にしてしまうため、食べるのを控える方は多いかと思います。しかし、次の日休みであったり、用事が何もないようであれば、ニンニク料理を食べ、精力を付けるのもいいアイデアだと思いますよ。

 

外出はマスクでしっかり予防して出かけよう!

外に出かける時は、いつでもマスクをするほうが良いと思います。

インフルエンザは、飛沫感染するのです。マスクをしておきさえすれば充分阻止することが可能となります。

マスクはスプレーで湿らせるように心掛ければますます効果を発揮してくれます。

気に入っているアロマ等を含ませたものをシュッと吹きかければ気分も清々しいです。

eugeniu / Pixabay

電車のつり革や手すりなど複数の人が接触したり、インフルエンザ菌がくっ付いている危険性がある場所は触れないほうがいいと思います。

電車は揺れ動いて大変だけども、乗車している際になにも掴まないで乗る習慣を身につければカロリー消費や、何より、体幹を鍛えることが可能になりますよ。

 

外から帰ってきたら手洗い、うがいは徹底しましょう。

外から帰ってきたときだけでなく、トイレに入った後や料理をする際は、しっかりと石鹸を泡立てて爪の間や手首、指と指の間をしっかり洗いましょう。

爪ブラシを用意しておくのも一案です。

 

家庭でのインフルエンザ対策

暖房器具は最大限利用し、乾燥を防ぐために加湿器も併用しましょう。

それに加えて、一定間隔で換気をキチンとして、清潔な空気に入れ替えた方が良いでしょう。

風呂は、湯船にしっかりとつかり、体を温め、体の冷えを芯から取る習慣を身に付ける入浴法を行うことで免疫力を高めるよう心がけましょう。