花粉症に効く耳鼻科治療薬がドラッグストアで買える!

花粉症
suju / Pixabay
この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク

 

今年の花粉の飛散量は、去年の3~7倍と言われています。

すでにつらい花粉症の症状に悩んでいる方も多いことでしょう。

寒い冬が終わり、温かい春がやってくる。

本来ならわくわくすることなのに、「春が来る」と思うと気が滅入ってしまう。

それもこれも、花粉のせいです。

 

鼻づまりや目のかゆみなど、花粉症の症状に耐えるもつらいですが、耳鼻科に通うのもうんざりですよね。

毎回予約して、並んで、問診を受けて、そのあとに薬局に行って、薬をもらって・・・

この時期は、耳鼻科はどこも込みます。

予約をとるのも一苦労だし、予約なしで受け付けているところは、長い間待たされなければいけません。

 

そんな大変な思いを、花粉の飛散が収まるまで、定期的に続けないといけない・・・

 

うんざりしますよね・・・ドラッグストアでも、薬は売られています。風邪薬に胃薬、もちろん花粉症の薬もあります。でも、そういうものを使うのに、躊躇をしてしまうこともあるかと思います。私もそのひとりです。

だって、市販の薬だと、効きにくいことがあるからです。

やっぱり一番効果があるのは、面倒でも耳鼻科に行って、お医者さんが処方してくれる花粉症治療薬。

そう思っていました。

 

stevepb / Pixabay

 

しかしここ数年、花粉症治療薬をめぐる事情は大きく変わりつつあります。

 

耳鼻科などの医療機関で処方されてきた鼻炎用内服薬の、大衆薬への転用ラッシュが続いているのです。

 

これまで、耳鼻科に行って、処方してもらわなければ使うことができなかった花粉症の薬を、ドラッグストアで手軽に入手できるようになります。花粉症治療薬として耳鼻科で処方してもらっていた薬が、大衆薬に転用されていないか、確かめてみましょう。

 

もしも当てはまるのなら、もう時間をとって、面倒な思いをして、耳鼻科に通う必要はありません。

仕事帰りにドラッグストアに寄って、処方箋なしですぐに薬が手に入れられます。

 

大衆薬に転用となった花粉症治療薬は以下の通り。

 

★アレジオン10

・2011年10月に大衆薬に転用

記念すべき、大衆薬転用ラッシュの第1号です。

エスエス製薬が発売しています。

 

★アレグラFX

・2012年11月に転用

医療用医薬品「アレグラ」を大衆薬に転用したものです。

発売元は久光製薬。

 

★コンタック鼻炎Z

・2013年2月1日に転用

医療用医薬品「ジルテック」を大衆薬に転用したものです。

発売元はグラクソ・スミスクライン。

 

★ストナリニZ 

こちらも医療用医薬品「ジルテック」を転用したもの。

発売元は佐藤製薬です。

日系企業の薬が良いと思うのなら、佐藤製薬の「ストナリニZ」をどうぞ。

 

これらの抗アレルギー薬は「第二世代」と呼ばれている抗ヒスタミン剤です。

これまで、抗ヒスタミン剤と言えば、

 

「眠くなる」

「1日に何回も飲まなくてはいけない」

 

という不便さがありました。

 

でも、これらの第二世代の抗ヒスタミン剤なら、眠くなりにくいし、「アレグラFX」以外は1日1回の服用で効くんです。

 

ドラッグストアで入手が容易になって便利なうえに、より快適な生活をもたらしてくれます!

 

naobim / Pixabay

 

 

花粉症対策グッズ

 

今年の春の花粉飛散量は、前年の3~7倍と言われています。

スポンサーリンク

花粉症の症状をひどくさせないためにも、きちと防護策をとっておきたいですね。

今年も、花粉症のための対策グッズがいろいろと発売されています。

花粉症人口は増え続け、それにつれて商品のバリエーションも増えていっています。

 

「花粉症の季節は防護グッズが欠かせない!」

 

という方も、

 

「これまで、花粉症対策グッズを使っても、いまいち効果がわからなかった」

 

という方も、今年の新商品はチェックしてみる価値ありです。

 

★マッキントッシュ フィロソフィー花粉プロテクトコート

(三陽商会/39,900円)

花粉の舞う季節、外にいるときも花粉にさらされますが、家に帰ってからも花粉の害に悩まされてしまうものです。衣類に花粉が付着して、それをそのまま持ち帰ってしまうためです。

 

「マッキントッシュ フィロソフィー花粉プロテクトコート」は、

特殊加工を施したスプリングコート。

 

生地表面には付着した、花粉などのアレルゲンのはたらきを抑える効果があるのです。手洗いで汚れを落とすことができるので、これも便利ですね。撥水加工が施されています。

だから、少しぐらい雨に濡れても、問題ありません。カラーは春らしいカラーがそろっています。

今年の春のトレンドカラーはフューシャピンク、ミントグリーンなど。これらのカラーもラインナップされています。もちろんベーシックなカラーもあり、外出着として手放せなくなりそうですね。

 

★シャツパジャマ・チェック

(セシール/3,490円~3,990円)

花粉症持ちは、花粉の季節は、洗濯物を外に干すことができません。

でも、部屋干しすると、乾きにくいですよね。

そんなときに活用したいのがこの「シャツパジャマ・チェック」

 

裏地は汗を吸収す綿100%、表地は乾きやすいポリエステル混素材の2層構造になっています。

吸汗と速乾機能の両方を備えているので、部屋干ししても、乾きやすいです。

部屋干しのときのイヤなにおいも気になりません。

 

★花粉キャッチレースカーテン

(セシール/2,490円~7,890円)

花粉は窓から入り込んでくるものです。

カーテンでしっかりキャッチすれば、中に入れずにすむというものです。

「花粉キャッチレースカーテン」は、花粉キャッチ効果つきレースカーテンです。

このレースカーテンは、かなりのスグレモノ。

 

空気中に飛散している花粉、ほこりなどを、特殊粘膜性樹脂が絡め取ってくれるのです。窓から花粉が入ってきても、もう大丈夫。また、おうちの洗濯機で洗濯できるので、いつもクリーンに保つことができます。

 

花粉症の症状を重くさせるか、それとも許容範囲内にするのかは、上手にグッズを活用することにありそうです。

 

このほか、いろいろなグッズが発売されています。

ホームセンターに行っても、ドラッグストアに行っても、花粉症対策グッズがずらりと並べられています。いろいろ試して、今年の花粉症は、つらくならないようにしたいですね!

 

Pexels / Pixabay