2021年、梅雨入り・梅雨明けの予想と知っておきたい衣替え。

その他
JillWellington / Pixabay
この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク

2021年(令和3年)梅雨入り・梅雨明けの予想は?

 

5月の終わりごろから6月にかけて1年で一番うっとうしい日が続く季節が始まります。

今年も新型コロナウィルス感染症でしきりに謳われているステイホーム。

うっとうしい梅雨の時期にはいいかもしれませんね。

とはいえ、家にくすぶってばかりもおれないでしょうけど。そこで、このうっとうしい時期、梅雨について調べてみることにしました。参考まで。。。


 

梅雨(つゆ)とは?

 

梅雨(つゆ)という意味は、晩春から夏にかけて雨や曇りの日が数多く発生してくる気象現象で、また、その期間のことをいいます。

晩春~夏頃には、オホーツク海高気圧と太平洋高気圧の間に梅雨前線ができます。

北海道に梅雨はない

気象庁が発表している梅雨入り、梅雨明け情報は地方ごとに発表されているんですが、

地方ごと(沖縄、奄美、九州南部、九州北部、四国、中国、近畿、東海、関東甲信、北陸、東北南部、東北北部)北海道だけはないんですね、発表が・・・

理由は・・・北海道では、「蝦夷梅雨」という言葉はありますが、梅雨前線が北海道付近まで北上する事はほとんどなく、梅雨の現象がはっきりしないため、北海道では梅雨がないとされているんですって!

 

Free-Photos / Pixabay

 

2021年(令和3年)梅雨入りの予想日

2021年(令和3年)の梅雨入り予想は、昨年2020年(令和2年)実績、並びに平均年で見るしかありません<昨年、〇月〇日・平年、〇月〇日・本年〇月〇日頃>
ですから、ここでは昨年2020年(令和2年)の梅雨入りしたとみられる日と平年を見て予測とします。(ほぼ同時期の地域はまとめています)

地方 令和2年 令和元年 昨年差 平年 令和3年予想
沖縄 5月16日頃 5月16日頃 同じ 5月  9日頃 5月15日頃?
奄美 5月17日頃 5月14日頃 3日遅い 5月11日頃 5月15日頃?
九州南部 5月30日頃 5月31日頃 1日早い 5月31日頃 5月30日頃?
九州北部 6月11日頃 6月26日頃 15日早い 6月  5日頃 6月10日頃?
四国 6月10日頃 6月26日頃 16日早い 6月  5日頃 6月10日頃?
中国・近畿 6月10日頃 6月27日頃 17日早い 6月  7日頃 6月10日頃?
東海 6月10日頃 6月  7日頃 3日遅い 6月  8日頃 6月10日頃?
関東甲信 6月11日頃 6月  7日頃 4日遅い 6月  8日頃 6月10日頃?
北陸・東北南部 6月11日頃 6月  7日頃 4日遅い 6月12日頃 6月10日頃?
東北北部 6月25日頃 6月15日頃 10日遅い 6月14日頃 6月15日頃?

令和3年梅雨入り予想は、昨年及び平年を参考に独断と偏見で勝手に予想したものです。あしからず。。。

 

2021年(令和3年)梅雨明けの予想日

2021年(令和3年)の梅雨明け予想は、昨年2020年(令和2年)実績並びに平均年で見るしかありません<昨年、〇月〇日・平年、〇月〇日・本年〇月〇日頃>
ですから、ここでは昨年2020年(令和2年)の梅雨明けしたとみられる日と平年を見て予測とします。(ほぼ同時期の地域はまとめています)

スポンサーリンク
地方 令和2年 令和元年 昨年差 平年 令和3年予想
沖縄 6月12日頃 7月10日頃 28日早い 6月23日頃 6月20日頃?
奄美 7月20日頃 7月13日頃 7日遅い 6月29日頃 7月15日頃?
九州南部 7月28日頃 7月24日頃 4日遅い 7月14日頃 7月20日頃?
九州北部 7月30日頃 7月25日頃 5日遅い 7月19日頃 7月25日頃?
四国 7月29日頃 7月25日頃 4日遅い 7月18日頃 7月25日頃?
中国・近畿 7月30日頃 7月25日頃 5日遅い 7月21日頃 7月25日頃?
東海 8月  1日頃 7月24日頃 8日遅い 7月21日頃 7月25日頃?
関東甲信 8月  1日頃 7月24日頃 8日遅い 7月21日頃 7月27日頃?
北陸・東北南部 8月  2日頃 7月25日頃 8日遅い 7月24日頃 7月27日頃?
東北北部 ーーー ーーー ーーー 7月28日頃 7月27日頃?

令和3年梅雨明け予想は、梅雨入り予想同様、昨年及び平年を参考に独断と偏見で勝手に予想したものです。

 

梅雨の時期、知っておきたい豆知識・衣替え

 

wenzlerdesign / Pixabay

 

衣替えとは本来、中国の宮廷で、旧暦の4月1日と10月1日に夏服と冬服を入れ替えていたことから始まった習慣です。日本へは、平安時代頃に伝わり、室町時代から江戸時代にかけて、四季に合わせて式服を替える習慣が定着したと言われています。

日本には四季があります。その季節によって気象状況が変化する日本では季節ごとに着るものを変えています。特に夏冬の変り目に衣類を改めることを衣替えと言いますが、ちょうど夏服に変える時期が梅雨のころに重なってくるようです。

衣替えの日はいつ?

「衣替えの日」は決まっているようです。

6月1日は夏物へ、10月1日は冬物への衣替えの日となっています。

6月1日というと梅雨の時期へまっしぐらのころです。衣類を収納するときは、やって来る梅雨に対処するため湿気&虫食い対策を怠ることなく気を付けて。

最近では衣装をしまう衣装ケースはプラスチックでできているケースが主流になています。できることなら、桐のタンスや衣装箱がベストですがそうもいかない事情もあるでしょう。

そこで注意点を2伝授しておきます。

1つ目は、プラスチックの衣装ケースに服を詰めすぎないことです。風通しが悪いのは湿気が溜まる元です。8分目くらいを目安にするといいですよ。しまい方は、重ねず服を立てるように入れると良いでしょう。

2つ目は、除湿剤と防虫剤を必ず入れることです。当たり前のことですが、それも正しく入れておく必要があります。

除湿剤はケースの下に入れて湿気がとれるように。逆に、防虫剤は上に置くように入れます。防虫剤は成分が空気より重たいので下に入れては意味がありませんからいけないですよ。

衣類を片付ける際は、天気の良い日を選んで、虫干しをして、湿気をよく取り除くのがポイントです。

衣類を出す、片付ける…のどちらにも行う方がいいですよ、衣類の日光浴は。。。

 

Leohoho / Pixabay