寝苦しい夜快適な寝室作りと、快眠のためのパジャマの選び方

health
StuBaileyPhoto / Pixabay
この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク

夏の夜、寝苦しい日が続く夏の夜、そんな夏の夜で悩ましいのが、暑苦しさによって起こる不眠でしょう。 首尾よく寝付けたとしてもクーラーが切れると同時に暑さがぶり返し目が醒めてしまうなんていうこともよく見られますよね。

寝不足が続くと、健康トラブルに見舞われやすくなり、夏バテにも掛かりやすくなると考えられます。 そこで今回は、寝苦しい夜におすすめの快適な寝室作りのコツについてレクチャーします。

 

暑苦しい、寝苦しい夜の快適な寝室作り

 

Claudio_Scott / Pixabay

 

就寝前に寝室を28度に冷やしておく

 

ここでポイントになるのが、寝室は寝るときにエアコンをつけるのではなく、眠る前からもって寝室を冷やしておくということです。 就寝前に部屋を冷やしておくことで、寝付きがよくなり、快眠をサポートできます。

温度は25~28度、湿度は50~60%を目安にするといいですよ。暑くないけれど、湿気が多いときは除湿やドライ機能を利用することをおすすめします。

 

エアコンのタイマーは3時間以上後に設定

 

就寝中いつまでもエアコンをつけていますと電気代が心配になりますでしょう。そのような時は、エアコンのタイマーを使用した方がいいです。 ただし、眠りについてすぐさまエアコンが切れてしまうと、すぐに目が覚めてしまうことになり、元も子もありません。 睡眠は最初の3時間がとても重要なのです。

そのために、エアコンのタイマーは最初の3時間が熟睡できるよう3時間後に設定しておくべきなんです。

 

サーキュレーターを利用しよう

 

 

エアコンが切れたら、アッという間に部屋が暑苦しくなって眠りから覚めてしまうとお困りの方は、サーキュレーターをうまく利用してみることをおススメします。

エアコンが切れてすぐに部屋が暑くなってしまうのは、壁や天井に熱がこもっているからです。 就寝前に寝室を冷やすときは、クローゼットなども開けて、エアコンの冷たい空気をサーキュレーターで部屋全体に循環させた方がいいと思います。

部屋全体をしっかり冷やして熱を事前に取っておくことで、エアコンが切れても温度が上がりにくくなるはずですよ。

寝具の見直しも効果あり

 

暑苦しくて眠れないときは、寝具の見直しも効果があります。いくら温度を適温に保っても、布団の中に湿気や熱がこもってしまうと、途中で目が覚めてしまいます。

夏は、通気性と吸湿性、放湿性に優れている麻や綿素材のシーツやマットをつけのがおススメです。これだけでも眠りやすくなりますよ。

 

夏は暑さを我慢しないことが大切!

 

エアコンを苦手とする方や家計が不安な方は、何と言っても暑さを辛抱してしまうと思います。 とは言っても、暑さを辛抱していると、睡眠中に熱中症を引き起こしてしまうこともあり得ます。

暑苦しいときは我慢しないで、快適な環境を作るようにするといいでしょうね。

 

mstlion / Pixabay

 

快眠のためのパジャマの選び方

 

あなたは眠るとき、パジャマを着る派ですか?それとも、ジャージなどをそのまま寝巻きとして利用していますか?それともハダカ・・・?実は、快眠するためには、パジャマを着た方がいいんですよ。そこで、パジャマを着た方がいい理由と夏でも快眠できるパジャマの選び方についてお伝えします

スポンサーリンク

 

パジャマは快適な睡眠環境を作る

 

睡眠中には、コップ1~2杯分くらいの汗を出しているといわれています。更には、眠るときは、身体の深部の温度をクールダウンすることから、皮膚温度が上昇し、熱を外に出そうとします。

この寝ているときに出る汗や熱が布団の中にこもってしまうと、体温調節が上手くできなくなり、途中で目を覚ましがちにつながるというわけです。 パジャマは、汗を吸って体に熱がこもり難くもらうことができます。

快適に眠るようにする為には、寝具にとどまらず、何を着て眠るのかもとても大事になってきます。

 

パジャマを着るのは入眠儀式に繋がる

 

入眠儀式とは、眠る前に必ず行う特定の行動のことを言います。

眠る前に歯を磨いたりしますよね。この「歯を磨く」行為も、眠る前に必ず行う特定の行動になります。こういった特定の行動を習慣にすることで、体を睡眠モードに切り替えることができるんですが、パジャマを着ることも入眠儀式になります。

眠る前に睡眠用のパジャマに着替えることで、寝付きがよくなったり、熟睡しやすくなるんです。

 

快眠するためのパジャマの選び方

 

それでは、快眠するためにはどのようなパジャマを選べばいいのでしょうか?
選び方のポイントは4つ程あります。

ポイント1 通気性と吸湿性のいい素材を選ぶ

快眠するためには、しっかり汗を吸って熱を逃がしてくれるパジャマが1番適しています。ジャージなどの化学繊維は、吸湿性が悪く、逆に眠りの妨げになってしまいます。快眠のためには、綿やシルクなどの吸湿性と通気性に優れ、吸った湿気を外に逃がしてくれる素材のものを選ぶべきだと言えます。

ポイント2 ゆったりとした形とサイズを選ぶ

パジャマは、よく着る服のサイズよりは1つ上のサイズを利用することをおススメします。体にフィットしたパジャマや締め付けの強いパジャマは、血流を酷くしてしまうことになり、睡眠の邪魔であると言えます。心身をリラックスモードにして、眠り易いようにするには、裾や袖の締め付けがなく、ゆったりとした形やサイズのものをセレクトすると良いでしょう。

ポイント3 長袖長ズボンのパジャマを選ぶ

パジャマの役目の1つが、寝ているときにかいた汗をしっかりと吸い取ることです。体全体の汗を効率よく吸い取るためにも、夏でも長袖長ズボンのパジャマを選ぶことをおすすめします。

ポイント4 肌触りのいいものを選ぶ

リラックスして眠るためには、自分が心地よいと感じることが大切です。そのためにも、パジャマは肌触りのいいものを選んでくださいね。特に、シルクは値段は張りますが、スベスベして心地いいのでおすすめです

 

お気に入りの1着を見つけよう!

お気に入りのパジャマが見つかると眠るのも楽しみになりますよね。すると、眠りにもいい影響が出ます。

健康や美容のためにも、ぜひお気に入りの1着を探してみてください。

気持ちがいいシルクのパジャマ紹介しちゃいますね。こちらがおススメです。