ズワイガニのブランド種類徹底比較、松葉ガニ、越前ガニ、柴山ガニ

カニ
スポンサーリンク

 

ズワイガニは捕れる地域によって呼び名が違ってくるカニです。そしてそれぞれ地域名を名乗ることでブランド化しています。
ズワイガニで有名なブランドと言えば、松葉ガニ、越前ガニ、が筆頭に挙げられますが、ここではさらに、柴山ガニを加え徹底検証していきます。

 

 

スポンサーリンク

ズワイガニのブランド名種類4.山陰の松葉ガニ

ズワイガニ ブランド 松葉ガニ

松葉ガニは山陰地方、島根・鳥取を代表するブランドガ二です。

ズワイガニのうち、成長した雄を「松葉がに」と呼び、ぎっしりと詰まった身と上品な旨味が楽しめる島根・鳥取を代表する冬の味覚です。

松葉ガニ漁は11月上旬から3月の波の高い冬の日本海で行われます。

松葉ガニの特徴は以下の通りです。

・甘みが強い
・細長い形状
・適度に身が引き締まっている
・食感がいい

松葉ガニは他のズワイガニと比べると甘みが強いのが特徴です。

食べてみると上品な甘みを感じることができ、高級感のあるカニです。

形は細長く痩せているように見えますが、殻の中は適度に身が引き締まっていて、プリプリした弾力で食感がよいというのも特徴です。

ちなみに、島根県の隠岐諸島で水揚げされたズワイガニは隠岐松葉カニと呼ばれ、松葉ガニとは別のブランド化されたカニです。

松葉ガニの旬は冬です。それに合わせて、解禁日は他のズワイガニと同じ11月上旬から3月下旬までとなっています。寒い時期に水揚げされる松葉ガニは最も品質がよく、美味しいといわれています。

その美味しさを更に引き立たせてくれる食べ方が、松葉ガニの甘みを生かした食べ方で、オススメなのが、カニすきやカニ鍋といった料理でしょう。

こんなカニを鍋で食べるのは勿体にようにありますが、寒いときにはもってこいの料理だし、締めの雑炊やラーメンはカニの出汁たっぷりの絶品料理に生まれ変わります。

もちろん、何も手を加えずにそのままボイルして食べても美味しいですし、焼きガニも最高です。お好みで楽しめるカニです。

蟹は脱皮を繰り返し大きくなっていきます。したがって、甲羅が硬く、重みがあるものが身入りがよくおすすめです。

 

ズワイガニのブランド名種類5.福井の越前ガニ

ズワイガニ ブランド

越前ガニとは福井県で水揚げされたズワイガニの雄のことです。

福井県内の港で水揚げされる越前がに。もっとも多くの水揚げがあるのが越前町です。

福井の越前ガニはズワイガニの中で最も美味しいといわれている最高ブランドです。

越前ガニが美味しいといわれている理由は生息している環境が大きく関係しています。

越前ガニが生息しているのは水温が低く、荒れた海です。そんな過酷な環境下で生息しているため、身が引き締まっており、プリプリしています。

日本海の荒波と厳しい寒さに育てられた「越前がに」はカニの中の王様と言われ、最高級品になると皇室にも献上されるほどです

甘くひきしまった肉質で知られる「越前がに」は、ブランドマークの入った黄色いタグ付きで証明されています。

スポンサーリンク

越前ガニの解禁日は11月6日~翌年3月20日までです。解禁日は変更されることがないので、ほぼ5ヶ月間旬の味を堪能できます。

越前ガニの味を楽しみたいのならこの期間に福井県に足を運んでください。シーズン中は旬の越前ガニを求めて、たくさんの観光客も訪れます。

越前ガニは水深250~400メートル付近に生息しており、脱皮を15回前後繰り返すと言われています。ズワイは、越前ガニに限らず、脱皮を繰り返すごとにどんどん体が大きくなります。

コレはオスで、メスの越前ガニはセイコガニと呼ばれ、脱皮の回数が少ないためこぶりです。

おいしい越前がにの食べ方は、一番に王道な食べ方、茹ガニです。

次にオススメが、焼ガニ、焼くことで水分が飛び、うまみが凝縮されるんです。

なんか美味しそうな匂いを感じませんか?ヨダレが出てきそうですね・・・。

 

ズワイガニのブランド名種類6.柴山の柴山ガニ

ズワイガニ ブランド 柴山ガニ

柴山ガニとは兵庫県北部にある柴山港で水揚げされたズワイガニのことです

柴山漁港に挙がる最高の松葉ガニをさらに選びぬいた、松葉ガニの中でも選別日本一と言われているブランドガニが柴山ガニです。

最高品質のズワイガニとして名が知れ渡っており、大手百貨店でも取り扱われ販売されています。

柴山ガニにはブランドの証明としてピンク色のタグがつけられます。

その選別方法は、なんと110ランクものクラスに選別されると言われています。大きさはもちろん、汚れ、身のつき具合、色つや、生育状態など、その基準の厳しさは、世界一といっても過言ではないでしょう。

長年カニで生活をしてきた地元漁師とそのおかみさんたちによって、厳密に迅速に選別されていきます。柴山ガニは非常に希少価値が高く、800枚水揚げして、10枚いるかどうかです。

そのくらい珍しいカニなので、本物を味わうなら地元に行って味わうのが一番でしょう。

柴山ガニの解禁日はズワイと同じ、毎年11月6日から翌年3月20日までとなっています。

期間中は、捕れたカニを漁師さんは丁寧に丁寧に扱い、極力ストレスを与えないよう最新の注意を払って港へ運ぶといいます。

「カニを獲って終わり、ではなく、港に付くまでが勝負」とまで言わせしめるほど大事に扱われているのが柴山ガニです・・・

冷凍ではない旬の柴山カニを堪能したいなら、この時期に現地に行って食してください。

この柴山ガニは他のブランドガニよりも評価は高かったにも関わらず、どこからどこまでを柴山ガニとするのか判断できなかったので、ずっとブランド化が先送りになっていました。

そのため、ブランドとしての歴史が浅く、食品表示の法改正に伴って基準が明確に設けられ、ブランド化にいたったカニです。

 

まとめ

 

松葉ガニは山陰地方、島根・鳥取を代表するブランドガ二で、ぎっしりと詰まった身と上品な旨味が楽しめる島根・鳥取を代表する冬の味覚です。

福井で水揚げされる越前ガニは、ズワイガニの中で最も美味しいといわれている最高ブランドです。最高級品になると皇室にも献上されるほどです。

柴山港で水揚げされる柴山ガニは、松葉ガニの中でも選別日本一と言われているブランドガニです。その選別方法は、なんと110ランクものクラスに選別される希少価値の高いカニです。

コメント