お歳暮のお返しのマナーとしてお礼状を添えて贈る金額の相場は?

お歳暮
Free-Photos / Pixabay
スポンサーリンク

 

師走に入るとお歳暮の時期になります。

「今年一年お世話になりました。」というお礼の気持ちと、これからもよろしくお願いします、という気持ちを込めて、お世話になった方に感謝の気持ちを贈るのがお歳暮です。

ところが、時には思わぬ方からお歳暮を頂戴することもあるかと思います。

そんな時どうしてもお返しが必要な場合もあるでしょう。

このページでは、お返しのマナーや、お礼状の書き方、お返しの金額の相場などについて検証していきます。

 

スポンサーリンク

お歳暮のお返しをする時のマナーは

 

 

「お歳暮を戴きました。こんな場合お返しはするもんなんでしょうか・・・?」

師走に入りお歳暮のシーズンになってくると思わぬ人から戴き物をする時があります。

そんな時、上記のような疑問が湧いてきます。

お歳暮とは、「今年一年お世話になりました。」というお礼の気持ちを形に表した物です。

厳密には、年の瀬にご挨拶に伺うときに携えていく進物がお歳暮です。

なので、お世話になったと思う方が届ける物で、お互いに交換する様な物ではありません

とは言え、頂いた方にもよると思うんですが・・・お返しが必要な場合も必ずあるはずです。

例えば頂いた先が、余りお歳暮のやり取りはないと思いますが、親兄弟、親戚等、であった場合はお礼の電話で済ませれば済むこともあると思います。例外もあるかもしれませんが・・・。

ただし、頂いた先がお取引様であったり、上司及び目上の人からのお届きものなら(コレもあまりないとは思うんですが)まずお礼を述べたあと、お返しはしておいたほうが安心じゃないでしょうか。

だって、お返しスべきかどうかで悩んでいたら、もらっておいてお返ししない方が逆に気を使うと思いますよ。悩んでいるならお返しした方が絶対にいいです。

お返ししなくて、先方はどんな思ってるんだろう・・・とか悩むんなら、今後の付き合いのためにもお返しするのが絶対いいと思います。

そして、その時のマナーとして、頂いたことに対してのお礼状を添えて、品物をお届けするべきだと思います。

もらうと嬉しいお歳暮ですが、お返しはどうするのか??・・・悩ましい日本の習慣ですね。

 

 

お歳暮のお返しはお礼状を送る方がいいの?

 

 

お歳暮のシーズンになると頭を痛める人も多くなると思います。

お世話になったあの方に・・・との思いから贈った上司へのお歳暮……

ところが、返ってきたお返しのお歳暮が・・・

こんな経験された方いるでしょう。こんな時どうしたらいいのか悩みますよね。

普通、お歳暮を頂いた時は、お礼のハガキを書きお返しの品を贈ればいいんですが、この場合先に贈ったお歳暮のお礼が届いたことになりますので、そのお礼をするとなるとまたくどくなります。

ここは、電話なりハガキなりで届いたことを知らせ、お礼をまず、述べればいいと思います。お返しであれ、何であれモノを頂いたのですから、お礼は当然の礼儀です。

スポンサーリンク

さらに丁寧なお礼を述べたいのであれば、寒中見舞いハガキを書き、その中で再度お礼を述べるということもいいと思います。

 

お歳暮のお返しはお礼状を送る方がいいの?・・・

あなたにとって大切な方です口頭だけでなくお礼状を送る・・・そうするべきだと思います。

頂いたものに対して率直な感想を込め、大変に喜んで頂いたことを伝えるような文章を心がけましょう。お礼状を頂いて悪い気がする人はいませんから。

 

お歳暮のお返しに使う金額の相場って?

 

 

思わぬ方からお歳暮が届いた時、お礼状だけでなく、お返しが必要な場合がありますよね。

でも、お歳暮のお返しに使う金額の相場ってどれくらいが妥当なんでしょうか?

頂いた方にもよると思うんですが、貰った品より遥かに高価なものをあげると相手に失礼になるでしょうし、だからと言って余りお粗末でもなんだか恥をかきそうで・・・頭の痛いところですね。

お歳暮の予算は、平均した時、大体、3,000円〜5,000円が相場と言われています。

恐らく、思わぬ方からのお歳暮もそれくらいの予算ではないかと思われます。

ならば、お返しの金額の相場もほぼ同じくらいと思えばいいと思います。

本来なら、お歳暮のお返しは不要とされいるんです。

しかしそれでは義理が立たないという方もいると思いますので。

あと心がけたいのは、相手が喜んでくれそうなものに気を配ることでしょう。

例えば、お子さんがいるご家庭には、子どもも大人も食べたり飲んだりできるような物。
例えば、お酒が好きなご主人がいるご家庭には酒の肴にもなるもの…等。

頂いた同じくらいの金額のものを贈っておけば、相手にも喜んでもらえるんではないでしょうか。

“気は心”です。頂いたことに感謝し、それに対しての心配りを怠らないことがお礼状に、お返しに繋がってくると思いますが如何でしょうか・・・。

 

 

まとめ

 

お歳暮は、本来お返しは必要ないのですが、どうしてもお返ししなければならない時は先にお礼を述べ、その後、品物にお礼状を添え届けるのがマナーと思います。頂いたことに対して口頭でのお礼はもちろんのこと、お礼状も送るべきでしょう。

お返しをする時の金額の相場は一概には言えませんが、頂いたものと同じくらいのものが無難だと思われます。“気は心”です。頂いたことに感謝し、相手に喜んでもらえるようなものをお返ししましょう。

 

 

 

 

コメント