喪中はがきを出す範囲は親戚まで?友人知人にはいつまでに出す

喪中欠礼はがき
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

喪中はがきを出す範囲は親戚まで?友人知人にはいつまでに出す

その年に家族のどなたかが亡くなった場合には、新年を祝うことはせずに喪に服していますという意味の喪中はがきを出します。この葉書のことを「年賀状の欠礼はがき」あるいは「年賀欠礼状」と呼びます。
では、この年賀欠礼ハガキを出す範囲はどこまでの関係者に当てれば良いのか迷うところですよね。年賀欠礼はがきは、送る相手やタイミングなど、気をつけなければならない事が多くあります。年賀欠礼のマナー調べてみました。

 

 

喪中はがきを出す範囲は親戚まで?

 

喪中はがき 出す範囲

 

喪中はがきを出す範囲親戚まで出す必要があるのでしょうか?

 

親戚と言っても遠い親戚、近い親戚、遠くても付き合いのある親戚、逆に近くても付き合いの全くない親戚・・・などなど、いろんな関係の人達がいらっしゃると思います。

そこで、一般的に喪中はがきを出す範囲について調べてみました。

 

まず、喪中になる親族ですが、自分を中心として、一親等(父母、配偶者、子)と、同居している二親等(祖父母、兄弟、孫)が一般的に喪中となります。

これらにあてはまる場合は基本的に喪中欠礼ハガキは親戚全般には出すべきだと思います。

では、コレにあてはまらないような場合はどうでしょう・・・。

話は横道にそれますが、

例えば、同居していない二親等・祖父母であったときなどです。が、同居されていないということは同居されている喪主の方がいるということですので、その方が親戚には喪中はがきは出されると思います。

 

ただ、自分の付き合いとして、友人知人会社の同僚などに対しての年賀をどこまでの人に喪中欠礼をすればいいのかということになってくると思います。

そんな時の一つの基準として、当然お葬式には出席されているでしょうから、その際、勤務先などから弔電が届いたということであれば、事情を知っている会社関係の方、上司や同僚などには「年賀欠礼ハガキ」を出すべきでしょう。

そんな不幸があったことを知らない友人たちには普段通りの年賀を、というより、喪に服す意味からも、年賀欠礼ハガキのほうが無難かもしれませんね。

 

片方は喪中ハガキ、もう一方は年賀はがきってややっこしいじゃないですか。

 

同じ年に年賀はがきと喪中はがき二つもいらないでしょ。

そうしてみると、喪中はがきは、親戚ぐらいまでは付き合いがあるなしにかかわらず出すべきだと思うしそのほうが無難だと思います。

そして、それ以外に出す相手は、普段から年賀状のやり取りをしている人ですよ。

 

そもそも年賀状は、「新年を寿ぐ」ために出すんですが、

身内に不幸があって、新年をおおっぴらにお祝いできないから

「新年明けましておめでとう」という挨拶を失礼するのが「年賀欠礼ハガキ」ですから。

スポンサーリンク

 

喪中はがきを出す範囲は故人の友人知人まで

 

喪中はがき 出す範囲

 

喪中欠礼はがきを出す範囲は、故人の友人や知人、どの範囲の方まで出すべきでしょうか?

故人がなくなったことを知っている人、知らない人それぞれに出すべきなんでしょうか?

 

葬儀に参列している友人知人に、残された家族の方とも親しく付き合いされていた友人知人に、亡くなったことを知っている人たちに、あらためて喪中欠礼はがきを出す必要はないと考えますが、年賀状のやり取りをされていた場合は出していたほうが無難かもしれません。

その場合は、故人とゆかりのあったこと、葬儀でお世話になったことなど

感謝の言葉をひとこと付け加えるようにしましょう。

 

故人がなくなったことを知らない人たち、遠く離れた、年賀状を始めとする文書のやり取りをされていた方には、亡くなったことを知らせる意味においても、欠礼はがきは早めに投函されたほうが良いでしょう

故人が亡くなられたことを知らず、年賀状を今年も用意するだろうと思われる人には、出すべきものだと思います。

 

喪中はがきを送るタイミングが遅れてしまうと、先方が既に年賀状を投函しているおそれもあり、先方に要らぬ気を遣わせてしまう事にもなりかねません。

 

故人の友人知人に要らぬ心配を掛けないよう、基本的なマナーを守って喪中欠礼のご挨拶を行なう事が、故人と親しくしていただいたことへのお礼にもなると思います。

 

喪中はがきを出す範囲といつまでに投函?

 

喪中はがき 出す範囲

 

今まで、先の章では年賀欠礼ハガキを出す範囲について考えてきましたが、ではそれらの方へいつ頃までに投函すばいいんでしょうか?

 

先方が年賀状の準備を始める前、一般的には、11月中旬~12月初旬

遅くとも、郵便局の年賀状受付開始日以前に着くように出すのがマナーです。

 

喪中はがき 出す範囲

 

最近は、官製はがき(郵便はがき)で喪中欠礼をする方もありますが、できることなら私製はがきを使用し、仏事用の切手を貼って出すほうが、より丁寧です。

仏事用切手は、郵便局で販売されています。

もし手にはいらない場合は、慶事用切手はNGですから通常切手を使用しましょう。

 

もしも、喪中ハガキの投函が贈れた場合は、無理に出さず、

年始に松の内があけてから寒中見舞いとして欠礼のご挨拶をするのも可です。

 

まとめ

 

喪中はがきを出す範囲は、親戚ぐらいまでは付き合いがあるなしにかかわらず、出すべきだと思うしそのほうが無難だと思います。

故人の友人知人に喪中欠礼はがきを出す場合は、亡くなったことを知らない人、知らせなかった人には、知らせる意味においても忘れず出すべきでしょう。

喪中はがきの投函は、先方が年賀状の準備を始める前、一般的には、11月中旬~12月初旬、遅くとも、郵便局の年賀状受付開始日以前に着くように出すのがマナーです。

 

コメント