除夜の鐘を撞く回数の意味とその由来は?108回誰が数えるの?

年越し
スポンサーリンク

除夜の鐘 回数の意味

除夜の鐘を撞く回数の意味と由来?108回誰が数えるの?

除夜の鐘は、十二月三十一日大晦日の夜に営まれる行事です。

一年の締めくくりである大晦日に、一年間無事に過ごせたことに感謝をしながらも振り返って反省をし、来るべき新しい年の幸福を願って、百八の煩悩(ぼんのう)をさすといわれる、「除夜の鐘」をつきます。

この撞き方には、地方や寺院によって様々なようです。

ココでは、除夜の鐘に撞く回数の意味やその由来、撞く数の数え方・・・

など疑問に思うことを調べてみました。

 

 

スポンサーリンク

除夜の鐘を撞く回数の意味って?

 

除夜の鐘 回数の意味

 

十二月三十一日大晦日の夜から、元旦の朝にかけて撞く「除夜の鐘」

除夜の鐘はなぜ108回撞くのでしょうか?なんで偶数な上に半端な回数なのでしょうか?

除夜の鐘は大晦日の晩に107回撞いて、年が明けてから1回撞くと聞いたのですが、よく聞いていたら新年を迎えてからもいっぱい撞いていました・・・どうしてなの???

 

除夜の鐘を108回撞くというのは、いくつか説があるようです。

 

その1,

人間の五感・・・(がん)・(じ)・(び)・(ぜつ)・(しん)に、心である・(い)を加えて六感(六根)のそれぞれに(こう:気持ちが好い)・(あく:気持ちが悪い)・(へい:どうでもよい)があって18類
この18類それぞれに(じょう)・(せん:きたない)の2類があって36類、この36類を前世・今世・来世の三世に配当して108となり、人間の煩悩の数を表す。

その2,

月の数の12、二十四節気の数の24、七十二候の数の72足した数が108となり、1年間を表す。

その3,

四苦八苦を取り払うということで、4×9+8×9=108をかけたとも言われている。

 

除夜の鐘の衝き方は、108回のうち107回は旧年(12月31日)のうちに撞き、残りの1回を新年(1月1日)に撞くというのが本来の衝き方のようです。
(参考、ウィキペディアより引用)

 

除夜の鐘を撞く由来はどこから?

 

除夜の鐘 回数の意味

 

12月31日大晦日。どこからともなく聞こえてくる「除夜の鐘」。

最近では騒音問題で鐘を撞けないお寺さんもあるとか・・・

風流も何もあったもんじゃない世の中になってきましたよね。

さて、「除夜」とは「旧年を除く夜」という意味で、大晦日の夜をいいます。

 

鐘の音は仏の清らかな声、仏の教え。その鐘の音を聞くことによって、この1年に作った罪を懺悔し、煩悩を除き、清らかな心になって新しい年を迎える。除夜の鐘は、そんな行事です。

 

除夜の鐘の起源は中国・宋の時代(960~1279)、日本へは鎌倉時代に伝来したようです。

除夜の鐘は108回撞きます。108という数、数珠の珠の数も108ですが…。

これは、「煩悩が108だから」とよく言われているんですが、108というのは
「大変多い」ということで、数字自体にはあまり意味がないそうですよ。

スポンサーリンク

お釈迦さんの仏法でも、「108」「八万四千」「三千」などという数字が、
「大変多い」と同様の意味で使われています。

除夜の鐘の起源といわれる中国でも「108」という数を重んじます。
水滸伝にも出てくるほどです。

煩悩とは、心を汚し人を苦しめる心の働き

代表的なのは、貪、瞋、痴・・・貪(むさぼり)、瞋(いかり)、痴(無知)の気持。

その煩悩を清浄にするための除夜の鐘。

清らかな除夜の鐘の音を聞きながら、1年を振り返って、その年の自分の行いあらためて振り返り、その至らなさ、愚かさをしみじみ反省し、懺悔し、新たな思いで新年を迎える。

それが、除夜の鐘の意味ではないでしょうか。

~除夜の鐘についてよく分かる「京都・真如堂」~より引用抜粋。ありがとうございました。
http://kusyami.com/gyozi/zyoya.html

除夜の鐘の回数はなぜ108なの?誰が数えるの?

 

除夜の鐘 回数の意味

 

除夜の鐘は108回といわれています

また、その撞き方は、108回のうち107回は12月31日のうちに撞き、
残りの1回を新年、1月1日に撞くといいますが、

うちの近所のお山では、Happy New Yearの後でもいつまでも撞かれています。
これって実際に回数や撞き方が厳密に守られているんでしょうか?

 

厳密に守っているお寺と、そうではないお寺があります。お寺さんにより様々なようです。

厳密にやっているお寺さんだと、住職さんなどお寺関係者が何回か撞き、残りを檀家さんが撞くため、人数制限があります。

また、大きなお寺になると、僧侶だけできちんと108回撞かれています。

「鐘を撞くのは、縁起物!煩悩を祓うためにどうぞお好きに撞いてください」って感じでやっているのは、厳密に守っていないお寺さんです。

うちの近所のお山がそのパターンです。お寺のお山にあるお寺に鐘つき堂があって、数えたことはありませんが、1月1日午前1時を過ぎても、まだごーん、ごーんと鳴っていますから、108回どころの騒ぎではないはずです。。

また、小さい集落にあるお寺では、お坊さんが数十回撞き、残りは檀家さんに撞いてもらうそうですが、小さい集落なので檀家さんや付近の住民が全員撞いても、とうてい108回にならないそうです。

お坊さん曰く、「自分もたくさん撞くのは面倒だし、毎年、適当な所で終わらせてしまうよ」と言っているそうです(^-^;

まさに、お寺によりけり・・・といったところでしょう。

中には稼ぎ時ですからお寺さんも黙っていません。

除夜の鐘を1回200円位で、参拝客に鳴らさせているお寺もあります。

バーゲンセールのように、参拝客が並び、関係者が「最後尾」の札を持って案内している状態です。108つどころではない人数です。

 

では、厳密に108回を守っているお寺の撞いた数の数え方は、

 

ご住職が数えているところが多いようですよ。

数え方は、頭の中で数えたり(?)、数珠を使ったり(こちらのほうが正解かも、数珠の珠も108個)、カウンタ(手でカチカチやる奴)など数え方に決まりはないので寺によってさまざまなようです。

ところで面白い方法を取っているお寺さんが・・・

鐘つき堂の脇に置いた箱に、飴やチョコなどのお菓子が108個。鐘を撞いた人はひとつそれを取っていく箱の中が空っぽになったら終了、

分かり良い!頭良い!って感じが・・・。

 

まとめ

大晦日に108の鐘を撞くことによって、百八煩悩を取り払い新年を迎える儀式、除夜の鐘!

最近では騒音問題などもあり街中などでは敬遠されている行事でもあります。が、昔ながらの日本の伝統行事無いとなると寂しい気もします。

除夜の鐘の回数108の正しい撞き方は、三十日に107回撞いて、新年に1回撞くのが正解なんだそうですが、厳密に守られているお寺さんばかりではないようです。

中には金儲けの、鐘・・・もあるようです。

 

コメント