年賀状に添える一言文例構成と旦那の親、親戚、への文言例は

年賀状
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

年賀状 一言 文例

年賀状の時期になってきました、早くから少しづつでも準備しておけば良いものを、

投函締切日が近づいて慌て始めるのは私だけではないと思います。

例年のことながら、慌ててパソコンで「謹賀新年」「昨年もお世話になりました。云々・・・」の文章を印刷し終え、そこにに手書きで一言書くようにしています。

ところがです、この一言がなかなか難しいんです。

差し出す相手によって文言を変えなければいけないので毎年苦労しているんです。

いっそのこと何も書かずに印刷したままで出してしまおうかとも思いますが、

それでは寂しいのでなんとか書き上げようと思い参考文例をネットで検索しました。

それをまとめて、私と同じように困っているあなたにもシェアしたいと思います。

年賀一言の参考になれば幸いです。

 

年賀状に添える一言文例構成

年賀状 一言 文例

 

今では年賀状といえばほとんどが印刷されたものが主流となっています。

一昔前までは、印刷所に頼むか手書きがほとんどでしたが、

各家庭にパソコンが有りプリンターがあれば家で印刷できるから便利になりました。

印刷されたものに一言付け加えるのが温かみがあっておすすめですが、その文例に行く前に、

年賀状の構成と、年賀状に良く使われる言葉について触れておきます。

 

年賀状には、たとえば「拝啓」で書き出し、「敬具」で結ぶといった頭語と結語や、

「初春の候」とか言った時候の挨拶などは必要ありません

新しい年を祝う言葉を書いて送るのが年賀状の本来の意味です。

謹賀新年・恭賀新年・新春・迎春・賀正・賀春・頌春…などと言った言葉です。

 

その後に、昨年お世話になったお礼の言葉を述べておきます。

・旧年中は大変お世話になり、ありがとうございました。

・旧年中は一方ならぬお世話になり、厚く御礼申し上げます。

・昨年はいろいろとお世話になり、ありがとうございました 。・・・等々。

 

そして、新しい年の、 先方の健康や発展、繁盛、繁栄などを祈る言葉を述べます。

・ご家族の皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます。

・皆様のご健勝とご多幸をお祈り申し上げます。

 

その後に、新しい年の、お付き合いや支援をお願いする言葉などで締めます。

・今年も宜しくお願いします。

・今年もご支援ご指導の程、宜しくお願い申し上げます。

・本年もご指導の程宜しくお願い申し上げます。

などと言った言葉ですね。コレが一応の年賀状の構成になると思うんですが、

これらは印刷でも、コレに添える一言を、手書きで入れたいものです。

ではどんな言葉にするか???一番いいのは近況報告だと思います。

現状をそのまま報告しておくことで安心を与えることにもなります

年に一度の年賀状です。定型文だけでは味気ないものになりますから、

先方に近況をぜひお伝えするようにしたらいいと思いますよ!。

 

年賀状に添える一言文例、旦那の親

結婚してどちらの両親とも遠く離れた暮らしているご夫婦も多いと思います。

中には離れたいるため結婚式以来顔を合わせたことがない人もいると思います。

そんな時の年賀状の一言って絶対に書くべきです。絶対に!

スポンサーリンク

定型文だけの印刷年賀状ではあまりにも情がないと思います。

 

こんな時の一言近況報告が一番です!

 

親御さんは遠く離れた息子や娘のことを1日もかかさず思っているはずですから、

口には出さなくても心配しているんですから。

例えば、夫婦つつがなく暮らしている状況でもいいですし、

どこかに出かけていい経験をしたことでもいいですし、

とにかく気負うことなく感じたことをかけばそれで十分心のこもった年賀状になります

 

「今年は生活のペースを何とかつかめた一年でした。来年もこの調子で夫婦仲良く過ごしたいと思います。」

「来年こそ二世の誕生を楽しみに過ごします。初孫をお待ち下さい!」

 

又小さなお子さんがいる場合は、

「(子どもの名前)も、おじいちゃんおばあちゃんに会えるのを本当に楽しみにしているようです。」

「今年は(子どもの名前)も小学校に入学します。成長が楽しみです。家族みんなでゴールデンウィークに帰省しようと思っています。」

 

など、ご両親が安心し喜ぶような新年にふさわしい文言をいれてあげると、

しばらくは、何度も何度も読み返えしてくれる年賀状になりますよ。

 

それから、旦那のご両親への一言を書く場合は、

健康への気遣いは必ず入れておいたほうがいいでしょう!

「お酒を飲みすぎませんよう、お体にはお気を付けください。」

「今年もお互い病気などせず、良い年にしましょう。」・・・等々。

 

年賀状に添える一言文例、旦那の親戚に

世の旦那さんたちは仕事の忙しさにかまけて、

年賀状を嫁に任せている人がかなり多くいらっしゃるようです。

嫁さんもパソコンができればプリントするだけですから簡単です。

が、しかしそうは行かないんですよね……一言手書き文言を入れるとなると。

そのまま出すのだけは味気ないし、相手に失礼になりかねないし、だからといってそんなに行き来のない親戚関係や叔父&叔母へのコメントには困ってしまうんですよね。

でもここでもやはり近況報告が無難なんじゃないでしょうかね。

それか、健康への気遣いと良き年でありますことを祈る文面に・・・。

 

普段会わない親戚への年賀状の一言は、例えばこんな感じで如何でしょうか?

ありふれた文面かもしれませんが・・・

「ご無沙汰しておりますが、いかがお過ごしでしょうか」

「ご家族のご健康を心からお祈り申し上げます。」

「年に一度のお便りになっておりますが、皆様お変わりなく新春をお迎えのことと存じます。私達も元気に歳を重ねておりますのでどうぞご放念ください。今年こそお会いできますよう念じております。皆様のご健康をお祈り申し上げます。」

「ご無沙汰しておりますが、ご一家の皆様におかれましてはお障りもなく佳き年を迎えられたことと存じます。」
※はがき作成ソフト例文より引用

あくまでもプリントされた文面に加える一言ですから長い言葉は必要ないと思います。

簡単明瞭簡潔で心のこもった文面を!

でも印刷だけより、

手書きがあるだけで温かい年賀状になることは間違いのないことです

 

まとめ

ここでは年賀状の文例というより、手書きで加える一言について掘り下げてみました。

大事なことは、プリントされた文字だけでなく手書きの一言だと思います。それが心のこもった年賀状ということでしょう。

定型文だけでは味気ないものになりますから、大切な人に近況をお伝えして下さい。

 

コメント


Warning: Declaration of Jetpack_IXR_Client::query() should be compatible with IXR_Client::query(...$args) in /home/kazuki2402/yomoyamatalk.com/public_html/wp-content/plugins/jetpack/vendor/automattic/jetpack-connection/legacy/class.jetpack-ixr-client.php on line 0