年賀状に添える大切な人への一言文例教えて!恩師、先生、同級生、

年賀状
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

年賀状 一言 文例

懐かしい恩師に、また、今お世話になっている先生に送る年賀状に一言添える言葉って大切ですよね。

やはり印刷したものだけでは味気ないしただの儀礼的なだけの、心の籠ってない年賀状になってしまいます。一言手書きで添えましょう!とはいってもなかなか思いつかないのが“一言”なんですよね。

差し出す相手によって文言を変えなければいけないし、いっそのこと一言添えることもせず何も書かずに投函してしまおうかと思うことあるでしょう。私もそうでした!でも、一言添えるのは大事です!そこで調べました、お世話になった方への一言文言を!

お年賀一言の参考になればと思いシェアしたいと思います。どうぞご覧ください。

 

年賀状に添える大切な人へ一言文例、恩師

年賀状 一言 文例

ここでは、大切な人へと題して、恩師あての年賀状について見てみることにします。

まず、年賀状の構成と、年賀状に良く使われる言葉について触れておきます。

年賀状には、たとえば「拝啓」で書き出し、「敬具」で結ぶといった頭語と結語や、「初春の候」とか言った時候の挨拶などは必要ありません。新しい年を祝う言葉を書いて送るのが年賀状の本来の意味です。

謹賀新年・恭賀新年・新春・迎春・賀正・賀春、などと言った文言がありますが、差し出す相手の方が恩師や上司などの、目上の人に対して出す年賀状には「謹んで」「恭しく」の文字が入ったものにすれば失礼にはあたりません

その後に、昨年、もしくは旧年中、もしくは在籍時代、などにお世話になったお礼の言葉を述べておきます。

そして、新しい年の、 先方の健康や発展、繁盛、繁栄などを祈る言葉を述べた後、これから先のお付き合いや支援をお願いする言葉などで締めます。コレが一般的な目上の人に対する年賀状構成だと思われます。

参考文例を載せておきます。

謹んで新春のお慶びを申し上げます
旧年中は何かとご指導を賜りありがとうございました
特に○○で詳しくご教授いただいたことは来年の研究にいかしていきたいと考えております
本年もご指導ご鞭撻の程よろしくお願い申し上げます
先生におかれましては新しい年がすばらしい年でありますよう 心からお祈り申し上げます
平成二十九年 元旦

謹賀新年
先生におかれましてはお変わりなくご壮健の事とお慶び申し上げます
私にとって本年は二十代最後の年
1日1日を充実させ 良い節目にしたいと思っております
新しい年がすばらしい年でありますよう 心からお祈り申し上げます
平成二十九年 元旦

そこにやはり一言を手書きで加えると心のこもった重みのある年賀状になると思います。

学生時代のことを思い出させることでもいいし、教わったこと、今でも守っていることなどでもいいと思います。

そしてあえて現在の近況報告でもいいと思います。例えば・・・

結婚することになりました・・や、結婚しました・・・

子どもが生まれます・・や、長男が誕生しました・・・など、なんでもいいから、

気負うことなく、感じたこと、思ったことを一言入れておけば、それで十分心のこもった年賀状になると思います。

スポンサーリンク

可愛い教え子から来た近況報告たくさん来た年賀状の中の一枚でなく別個にしておきたい一枚…そんな年賀状になりますよ、きっと!

 

年賀状に添える大切な人へ一言文例、先生

社会に出ても一生勉強は続きます。

学校ではなく、習い事や趣味などでも上を極めるには上の人に教わる必要があります。

趣味の俳句の先生、水泳教室のインストラクターの先生、料理の先生、

華道や習字水彩画の先生、などなど、

人生をしていると、たくさんの先生に教わることになります。

そんな日頃お世話になっている、教えていただいている先生に年賀状出しましょう。

 

その時も、ただプリントしたものだけでは味気ないです。一言添えるようにしましょう。

ここでの一言は、習っているものの上達目標なんかがいいんじゃないでしょうか。

 

例えば、「今年の目標!100メートル〇〇秒切るぞ!」「今年は本格中華に挑戦!」

「今年はスコア100切れるよう頑張ります」などの具体的目標や、

今年果敢に挑戦していくことなどを添えておけばいいと思います。

書いて送った以上本人もそこに向けて頑張ることができるでしょうから。

 

そして、年賀状文例構成の中には今年も変わらぬご支援をお願いする言葉は当然入っているでしょうから、年賀状に添える大切な人、先生への手書きの文言、必ず添えておきたいものです。

 

コレも礼儀の一つではないでしょうか・・・先生へは絵手紙もいいですね!

 

年賀状に添える友達への一言文例、同級生

同級生となるとざっくばらんにかしこまることなく好きな言葉で一言添えることができます。

恩師や、上司、先生、と違い、気の合った仲間たちは、今風の言葉で、

今風のやり取りができるのが強みでしょうね。

ここで友人あての文例を幾つかサンプルを載せておきますね、参考にどうぞ!

 

あけましておめでとう
いよいよ独身最後のお正月だね
結婚式は盛り上げるから 任せておいてください
これでも一応結婚生活の先輩だから 何かあったら相談してね
今年もどうぞよろしくお願いします
2017年1月1日

 

賀正
昨年はいろいろお世話になり ありがとうございました
つかの間の休暇だけど リフレッシュして年明けからはまた頑張ろうね
今年もよろしく!
平成二十九年 元旦

 

Happy New Year
昨年はとうとう飲みに行けなかったね
今年は時間を作って絶対飲みに行きましょう
ご家族の皆様のご清栄とご多幸を心よりお祈り申し上げます
2017年 元旦

 

と、こんな感じでざっくばらんでいいでしょう。

でもこんな感じならプリントより手書きになるでしょうね・・・

 

同級生や友達向けの、嬉しくなる年賀状の一言、好かれる年賀状一言 という、
年賀状に添える一言メッセージの文例サンプルが載っているサイトがあります。

ここでは、『大事なのが「想いを贈る」こと。「贈る相手」をネタにした一言を書き添えることです。』と書かれています。

相手が嬉しくなるような文例がほしい方はこちらをご覧ください。

きっと参考になる文例があると思いますよ。

 

まとめ

ここでは、恩師、先生、同級生、への手書きで加える一言について掘り下げてみました。

プリントされただけの年賀状をもらうより、一言添えられた年賀状のほうが遥かにもらって嬉しいものです。

定型文だけでは味気ないものになります。相手の心が明るくなるような表現を目指して、味のある年賀状で新年を寿ぎましょう!

コメント