年賀状の宛名書き参考例!ビジネス用、取引先、友人・知人向け!

年賀状
PIRO4D / Pixabay

 

年賀状の時期になるといつも何を書いたらいいのか迷うことってあると思います。

最近ではネットに雛形など無料でダウンロードできるサービスもあるので比較的ラクにできるようになりました。

しかし、宛名書きとなるとそうはいきません。特にビジネスが絡んでくると尚更です。

そんな時の参考に、お取引先様や肩書きのある相手に出す年賀状の宛名書きのビジネスマナーの正しい書き方例をあげておきます。

相手の方に失礼の無いよう参考になさって下さい。

年賀状の宛名書き!ビジネスマナーの例

 

 

目上の人や取引先に対して出す年賀状の新年の賀詞は、

「謹んで」「恭しく」の文字が入ったものなら失礼にあたりません。

上司や取引先に年賀状を出す場合には、「謹賀新年」「恭賀新年」

「謹んで新春のお慶びを申し上げます」などを用いるようにしましょう。

 

次に、昨年お世話になった御礼を述べます。

「旧年中は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます」・・・

 

次に、「皆様のご健勝と貴社の益々のご発展を心よりお祈り申し上げます」

などの先方にとっても良い年であるよう祈る言葉を入れます。

さらに、「本年も変わらぬお引き立ての程宜しくお願い申し上げます」

と言った、今年も変わらぬ ご支援をお願いする言葉で締めていきます。

日付は「平成○○年 元旦」が慣習となっています。

この書き方が一般的なビジネス文例構成です。

 

そして、宛名書きですが、まず注意すべきことは、

宛名を赤ペンで書くことは失礼にあたります。絶対にしてはなりません。常識です。

コレも常識ですが、もし、先方の氏名を書き誤った場合には、

修正テープ、修正ペンを使ったり、二重線を引いて書き直したりせず、新しいハガキに書き直して下さい。
(官製年賀ハガキの場合には、郵便局に持っていくと、数円の手数料で新品と交換が可能です。)

相手様の氏名、社名などは、省略した文字を使わず、正しい漢字を用いましょう。

 

肩書きのある相手に出す年賀状の宛名書きのビジネスマナー

先方の社名、部署名、肩書きを明記する

会社関係や、取引先に対する年賀状では、 必ず部署名および肩書きを明記します。

営業本部長 北野ミナミ様
専務取締役 北野キタ代様
取締役社長 北野サンマ様 など

 

差出人の欄には

自分の社名、部署名、肩書きを明記するようにします。

「株式会社よしもと物産第一営業部 角の丸蔵」・・・TELも忘れないように。

官製年賀ハガキではない、普通のはがきを使用する場合には、

切手の下のあたりに年賀と朱書することです。

スポンサーリンク

でないと、投函してから2〜3日後、正月が来る前に先方に届いてしまいます。ご注意を!

年賀状の宛名書き!取引先の例

取引先など会社あての場合の宛名の書き方は、

株式会社を(株)というような省略はしない方がいいでしょう!

ただし、社名が長い場合、宛名を書いた時にどうしてもスペースに入らないような場合はこの限りではありません。そして、社名の下には「御中」をつけます。

例)株式会社北野干菓子商事御中

 

次に、担当部署あて宛名書きは、先方の部署名の下に「御中」をつけます。

社名の下に無理に書かずに、改行して部署名を書いても構いません。

例)株式会社北野干菓子商事
    営業部 営業一課 御中

 

役職・肩書きのある相手あて宛名書きは、

まずは社名、部署名を書き、次に行を変えて、肩書名(役職)→氏名→様の順に書きます。

例)株式会社北野干菓子商事
  代表取締役 北野サンマ 様

  株式会社北野干菓子商事
   専務取締役 北野キタ代 様

 

担当者あて宛名書きは、

まずは社名、部署名を書き、次に行を変えて氏名→様の順に書きます。

例)株式会社北野干菓子商事
    営業部 営業一課
      明石屋 しのぶ 様

 

年賀状の宛名書き!友人・知人向けの例

友人や知人、又一般的な誰にでも使える年賀の宛名書き例は、

先方の住所は、郵便番号、住所のほか、マンション名や部屋番号も明記します。

よく町名までしか解らず書かれていない郵便が届くことがあります。

そんな郵便物をみると、局の人は大変だな~と思うのは私だけでしょうか?

 

差出人の自分の住所も、郵便番号、住所のほか、マンション名や部屋番号も明記します。

家族の氏名は連名で書いても失礼にはあたりません。

もし裏面に記載している場合は省略も可です。

 

気をつけておきたいのは、相手の方の名前は、

ハガキの中央に、やや大きめにバランス良く書くことです。

こうすることで見栄えも良くなりますよ!

 

こちらも、年賀ハガキでない普通のはがきを使用する場合には、

切手の下のあたりに「年賀」と朱書することです。

これを忘れると、ポストに投函してから2〜3日後、

先方に届いてしまうことがあります。正月前に。

 

気の合った相手への年賀状は横書きにしてもOKでしょうが、横書きは正式なマナーではありませんので注意して下さい。

横書き年賀をされる場合も基本的な書き方は同じでいいと思います。

 

まとめ

 

年賀状の宛名書きについて触れてきましたが如何だったでしょうか?

参考にしていただけたのなら幸いです。どうぞご自分で、自分風にアレンジされて下さい。

最後までお読み下さり感謝します。

 

 

コメント