井岡一翔

スポンサーリンク
大麻

若年層で急増!大麻摘発が過去最多!井岡一翔よお前もか?

「大麻摘発」が過去最多、その多くが若年層間で急増! 「大麻摘発」が過去最多、その多くが若年層で急増する大麻に汚染される若者の乱用の実態とは? 2020年において日本全国の警察が大麻事件で逮捕や書類送検した容疑者が過去最多の5034人であったというのが、警察庁の統計で明らかになったそうです。ちなみにその数は、前年2019年に比べ、713人増加です。摘発されていた人数は4年連続で最多を更新しているんですが、5000人を超えたのは初めてのことです。うち20代が占める割合は約半数の2540人、前年比590人増、未成年も887人、同278人増で、合計して全体の7割近くを占めていて、低年齢化の大麻汚染が顕著である事例としても明確になった。背景に潜んでいるのは簡単に手に出来ること、危険性が適切に周知されていないことなどが想定されています。
スポンサーリンク